カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 家事 >
  5. パートナーに家事ハラをしないために…家事を任せるときに注意したい、任せる側の意識

育児・子供の病気

パートナーに家事ハラをしないために…家事を任せるときに注意したい、任せる側の意識

あなたのパートナーは家事を手伝ってくれるでしょうか。主婦(主夫)の方は、休むことなく、毎日の家事をこなさなければいけません。

これに育児が加われば、さらに大変です。こんなときにたまにでも、パートナーが家事を代わってくれたら、本当に嬉しいですよね。

 

あなたは大丈夫?家事ハラに注意!

家事ハラというのは、家事ハラスメントのことです。これは家事を手伝ってくれたパートナーにたいして、嫌がらせのように指示やダメ出しをしてしまうことです。

これによってパートナーが家事を代わることに対して、消極的になってしまいます。

 

家事ハラは自分でも意識していないところでしてしまっていることがあります。

うっかり家事ハラをしてしまって、結果的にパートナーが家事を手伝ってくれなくなるというのは、本来の目的とは逆の結果になってしまいますよね。

ですから、パートナーに上手に家事を手伝ってもらう方法を知りましょう。

 

任せるなら「失敗して当たり前」の気持ちで!

家事をずっとやってきた自分は家事に慣れていますし、上手にできます。

一方で、普段家事をしていないパートナーが、いきなり自分とおなじレベルの家事を求めるのは、無理があります。最初から失敗するものと考えておけば、上手にできたときにしっかり褒めてあげられます。

 

やり直してもナ・イ・ショ!

失敗を前提に考えていれば、やり直しを後ですることが当たり前に思えます。

このときに注意したいのは、やり直したことをパートナーに言わないことです。

「やり直さなくちゃダメじゃない!」なんて言ってしまったら、パートナーも自分が手伝った家事の意味を見出せなくなってしまいます。

 

まずは続けること、習慣化することを目標にして、結果として自分の家事のレベルにまで追いついてくれたら嬉しいですよね!

パートナーが重い腰を上げてくれたら、後は長い目で見守りましょう!

そして必ず感謝の言葉を伝えましょう!両親が感謝し合う姿を是非お子さんにも見せてあげたいですよね!

 (Photo by:足成

著者: Roddyさん

本記事は、2016-11-08掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

家事に関する記事

忙しいママの裏技!洗濯はコインランドリーで一気に

様々な家事の中でも、なかなか厄介なのが「洗濯」ですよね。 雨が降って乾かな...

忙しいワーキングママ御用達!家事代行サービス

どうしても家事が間に合わない!そんなときに役立つのが、家事代行サービスです。 ...

家事の体験談

子供がいても家事はやらなきゃ!私の家事のこなし方

私はもともと家事が苦手でしたが、子供が生まれたことでいろいろと工夫をして、なんとか最低限の家事をこな...

抱っこしながらどうやって食べる?赤ちゃんとの食事

産まれたばかりの赤ちゃんがいると、ゆっくりごはんを食べる暇もない事がしばしばあります。立ったままだっ...

カラダノートひろば

家事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る