カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 美白 >
  5. 夏の紫外線ダメージにさようなら!目指せ美肌♪じゃがいもの美肌効果と調理の注意点

美容・ダイエット

夏の紫外線ダメージにさようなら!目指せ美肌♪じゃがいもの美肌効果と調理の注意点

旬の野菜には美容効果もたっぷりで、美容に興味のある方なら、ぜひ野菜を摂取することをおすすめします。

豊富なビタミン、ミネラルによって肌の調子を整えたり、体を内側から健康にしてくれるのです。

 

じゃがいもが持つ美容効果♪

秋野菜のひとつがじゃがいもです。1年中販売されている食品ではありますが、春じゃがと秋じゃががあります。

じゃがいもの特徴のひとつめは、ビタミンCです。肌の紫外線ダメージを和らげ、美白に導いてくれる成分が、果物レベルで入っています。

そのほか、カリウムが含まれているのも特徴です。カリウムをしっかり摂取しているとむくみにくくなるので、足のむくみが気になる女性にもぴったりです。

 

そして、炭水化物なのでカロリーが高いと思われがちですが、100gあたりのカロリーは76kcalで、ご飯やパンよりも低いです。

ダイエット中の女性にもおすすめの食品のひとつ、と言えるでしょう。

 

芽をしっかりとって、ほかの野菜やお肉と組み合わせる

じゃがいもの食べ方の注意点ですが、芽と緑色の皮には、要注意です。ここに含まれる毒物が、頭痛や腹痛などの症状を引き起こすことがあります。

抵抗力の弱い方の場合は死亡する可能性もあるので、くれぐれも緑色の場所を見つけたら、きれいに取ってください。

 

また、じゃがいもは栄養が豊富ですが完全栄養食品ではありません。例えば、人体に必要なたんぱく質などと組み合わせれば、より栄養のバランスが取れます。

じゃがいもにはない成分を持つ野菜と組み合わせる、肉や魚と組み合わせて、ひとつのメニューを作るようにしましょう。

 

じゃがいもはさまざまなメニューに対応できる食品ですが、油を使って揚げたり焼いたりすると、必然的にカロリーが多くなりがちです。

ダイエット中の方は、油のカロリーも気にしながら、じゃがいもを調理しましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

美白に関する記事

自家製小麦粉パックで美白!

  世には様々な美白パックが売られています。美白に関する成分は今現在大いに研究...

アウトドアの季節!日焼けをしても大丈夫 正しい対処法とは

白い肌にとって日焼けは天敵です。 もちろん普段から白い肌にこだわりを持って...


美肌を作るための新方法はアメとムチ?目からうろこの美容法とは

  美白を目指すときに、美白効果のある化粧品を選んで使うことは簡単なことですが...

夏に向けた日焼け対策は食にあり!ビタミンC、ビタミンEを摂取して日焼け対策!

梅雨があけると、そこには暑い夏が待っています。 暑い夏と言えば、日焼けが気にな...

カラダノートひろば

美白の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る