カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 食事法 >
  5. 受験勉強中の夜食♪でも夜食の量には細心の注意を!夜食の量が多すぎると、こんな弊害が…?!

健康診断・健康管理

受験勉強中の夜食♪でも夜食の量には細心の注意を!夜食の量が多すぎると、こんな弊害が…?!

受験生のお夜食は、ママの腕の見せ所とも言えます。

中学受験や高校受験となると、夜遅くまで塾の授業を受けていて、家に帰るのが夜の11時を回ったりすることもあると思います。中には、そこからまた勉強の続きをする受験生もいるでしょう。

 

夜食には量に配慮が必要

夜食は、本来1日の中の食事にはないものです。ですが、夜中にお腹が空いたまま勉強をしようにも、なかなか集中できないというときには、夜食を食べて、頑張るということもあるでしょう。

 

基本的に食べることは、人が体を動かすためのエネルギー補給ですから、それを目的に食べるのは自然なことです。

ですが、夜という時間だけに摂取したエネルギーが余りがちで、生活のサイクルに影響を及ぼす可能性があります。

 

夜食が朝食に影響

1日のリズムをつくるためにも、朝食を食べることというのは、非常に重要です。

特にこれから頭を動かす必要のある受験生は、朝食をしっかりと食べて、脳を動かすためのエネルギーを確保する必要があります。

 

この朝食に、夜食の影響が出てしまってはいけません。もし、夜食を食べ、次の日の朝食がしっかり食べられないのならば、夜食の量を半分にしたり、夜食の内容を消化の良いものに変えるなどして対応しましょう。

 

決して、「朝食を食べられないから朝食を抜く」ということにはしないようにしてください。

 

夜食が睡眠に影響

また、夜食が多いことは睡眠にも影響をおよぼします。

起きているときにしっかりと活動するためには、質の良い睡眠をしっかりととる必要があります。睡眠の質も、量も、いずれかであっても不足してしまっては、大事な授業中に眠たくなってしまうことにもなりかねません。

 

夜食の量が多いと、運動量の少ない夜ではすべてが消化しきれないことがあります。すると消化活動が就寝中に持ち越されてしまいます。

就寝中は全ての活動を低下させ、体を休める必要がありますが、その中で消化活動のために消化器官を動かしていては、質の良い睡眠はとれません

 

夜食が肥満につながる

もちろん夜遅く食べるということは、肥満につながります。

特に受験勉強をしている間というのは、運動不足になりがちです。そんな中で食べ過ぎるという行動は、簡単に肥満につながってしまうのです。

 

夜食の量は、親御さんが十分に注意してあげてください。夜にお腹が空いたとなれば、つい張り切って多めに作ってしまうかもしれません。

しかし、夜食は残り数時間を乗り越えられるだけで十分です。それをしっかりと考えた上で、夜食をつくってあげてください。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事法に関する記事

質の良いタンパク質は良い体を作る!?上質なたんぱくって?

    タンパク質は大事な必須栄養素ですが、タンパク質ならばすべて人体に有益...

子どもの夜食をつくってあげよう!しっかりと考えてあげたい受験生の夜食、オススメは○○!

お腹が空いていては、勉強に集中することができません。夕飯を食べ終えたわが子が...


栄養ドリンクで元気になるのは思い込みだった?高い栄養ドリンクの方が効果があるって本当?

   栄養ドリンクを飲むと、本当に元気になって、仕事が頑張れる気がしてきます。「...

知らなかった!栄養ドリンクで"元気"が出る4つのヒミツとは?

   栄耀ドリンクは「飲むと元気になる」と言いますが、いったいどんな効果をもって...

カラダノートひろば

食事法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る