カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 母乳 >
  5. 無理は禁物!働くママの母乳育児…母乳育児を継続するにはどうしたらいい?

育児・子供の病気

無理は禁物!働くママの母乳育児…母乳育児を継続するにはどうしたらいい?

お子さんが断乳する前に社会復帰される方は、母乳について悩むところだと思います。

今まではいつも自分が面倒を見ていて、何の問題もなく母乳育児ができていましたが、預けるとなるとそうはいきませんよね。

働いていても、母乳育児を継続するにはどうしたらいいのでしょうか。

母乳育児の継続…搾乳したものを持たせる

搾乳したものを持たせても良い託児施設もありますが、断られることも多いです。

一度保育園や託児所などに確認しておきましょう。

OKが出た場合、搾乳したものは冷蔵でよいのか、冷凍保存したほうが良いのかなど確認してください。

 

「母乳神話」に惑わされないで

ただし、母乳育児が絶対的に良い!という「母乳神話」に惑わされないで欲しいと思います。

働きながら完全母乳を目指すのはかなり大変です。

職場でも、乳房が張って痛んだり、搾乳したりする手間もかかります。

 

長時間搾乳できないと、乳腺炎などのトラブルを引き起こしてしまいます。

また、搾乳するための場所も確保しなくてはなりません。

 

ストレスを感じてまで母乳にこだわるのはNG?

働くお母さんは、それでなくてもストレスを感じる機会が多いですので、完全母乳に拘ってさらに疲労するのは辛いものです。

自分がストレスなく続けていけるのであれば頑張って欲しいですが、無理をしてしまわないように注意してくださいね。

 

ミルクで育っても、母乳で育っても、子供の成長に違いはありません。

働き出すに当たって、どちらを選ぶにせよ自分の負担をなるべく減らした方法をとって欲しいと感じます。

 

(Photo by //pixabay.com)

著者: 巻さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

母乳に関する記事

乳首が小さくて上手く授乳できない!?実は簡単な方法で授乳がスムーズになるんです!

赤ちゃんが産まれて、さあいざ授乳!となったとき上手く授乳できずにあわててしま...

母乳の出やすさにおっぱいの大きさは関係あるの?母乳が出やすい体質つくりのヒミツ

もうすぐ出産を迎えるお母さんは、これからの赤ちゃんとの生活にいろいろ夢を膨ら...

母乳の体験談

完全母乳育児成功のコツ!〜母乳がよくでる食事、控えた食べ物〜

私は妊娠が分かった時から、漠然と母乳で育てたいと考えるようになりました。 粉ミルクに対する抵抗感が...

母乳によいこと、悪いこと~甘いものが食べたいときは!~

今では懐かしい思い出ですが、母乳をあげていた頃は、いろいろと悩んだり、困ったりすることの連続でした。...

カラダノートひろば

母乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る