カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 動脈硬化 >
  5. 癖も少なく食べやすい!動脈硬化予防には"くるみ"がおすすめ♪

気になる病気・症状

癖も少なく食べやすい!動脈硬化予防には"くるみ"がおすすめ♪

動脈硬化は、脳梗塞や心筋梗塞の原因を作る症状です。脳梗塞・心筋梗塞などを予防するのであれば、まずは動脈硬化に対処しなければなりません。

動脈硬化によって血管の弾力が失われ、血管の内側がはがれやすい状態では、全身の組織に正しく血流が回らない可能性もあります。

 

●くるみで動脈硬化改善

以前から、動脈硬化の改善効果があるとして注目されてきたのがオリーブオイルです。

ですがオリーブオイル以外にも同等の効果を持つものはあるのではないかと、さまざまな研究が行われた結果、くるみでも動脈硬化を予防できることがわかりました。

オリーブオイルなどをふんだんに使った地中海食(こちらも動脈硬化によいとされる)と、くるみ食で、脂質のカロリーをほとんど同様にして摂取する実験がスペインで行われました。

結果的に、くるみ食にも地中海食と同じように動脈硬化予防・改善効果があることがわかり、とくに血管の弾力性においては地中海食よりも、くるみ食の方が効果が見られました。

(参考:日経BP くるみを毎日食べると、1か月で血管の弾力性が改善、動脈硬化を防ぐ //medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/hotnews/archives/302535.html)

 

●食べ過ぎに注意して!

くるみは確かに動脈硬化改善・予防の効果がありますが、1個あたり27キロカロリーで、カロリーは高めの食品です。

上述の実験では、1日8-13個のくるみを食べましたが、13個食べると351キロカロリーとなるので、肥満予防のためにはほかの食品の見直しが必要です。

食べ過ぎには注意しながら、料理などに上手にくるみを取り入れていくことをおすすめします。

 

くるみには、動脈硬化によい脂質だけではなく、ビタミンEなども含まれています。

ビタミンEにはアンチエイジング効果があるので、年を重ねた人にはおすすめの食品です。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動脈硬化に関する記事

動脈硬化を抑制する新たな物質「マグネシウム」と「β-コングリシニン」

近年、帝京大学医学部の研究によれば、動脈硬化の初期段階に現れる血管内皮機能に大き...

日本人の死因とも深い関係がある動脈硬化の統計を知ろう

  成人病、生活習慣病をいくつか挙げるとなったら糖尿病や高血圧などを挙げる方が...


必見!動脈硬化の原因となる高コレステロール値を防ぐスーパー食材"わかめ"の力とは?

動脈硬化とは、動脈の血管が弾力性(しなやかさ)を失って、血液をうまく送り出せな...

動脈硬化を予防してくれる♪寒締めほうれん草を使った冬が旬!味噌汁レシピ

  動脈硬化は、様々な病気の原因であり、様々な病気によって引き起こされもします...

カラダノートひろば

動脈硬化の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る