カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 動脈硬化 >
  5. 癖も少なく食べやすい!動脈硬化予防には"くるみ"がおすすめ♪

気になる病気・症状

癖も少なく食べやすい!動脈硬化予防には"くるみ"がおすすめ♪

動脈硬化は、脳梗塞や心筋梗塞の原因を作る症状です。脳梗塞・心筋梗塞などを予防するのであれば、まずは動脈硬化に対処しなければなりません。

動脈硬化によって血管の弾力が失われ、血管の内側がはがれやすい状態では、全身の組織に正しく血流が回らない可能性もあります。

 

●くるみで動脈硬化改善

以前から、動脈硬化の改善効果があるとして注目されてきたのがオリーブオイルです。

ですがオリーブオイル以外にも同等の効果を持つものはあるのではないかと、さまざまな研究が行われた結果、くるみでも動脈硬化を予防できることがわかりました。

オリーブオイルなどをふんだんに使った地中海食(こちらも動脈硬化によいとされる)と、くるみ食で、脂質のカロリーをほとんど同様にして摂取する実験がスペインで行われました。

結果的に、くるみ食にも地中海食と同じように動脈硬化予防・改善効果があることがわかり、とくに血管の弾力性においては地中海食よりも、くるみ食の方が効果が見られました。

(参考:日経BP くるみを毎日食べると、1か月で血管の弾力性が改善、動脈硬化を防ぐ //medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/hotnews/archives/302535.html)

 

●食べ過ぎに注意して!

くるみは確かに動脈硬化改善・予防の効果がありますが、1個あたり27キロカロリーで、カロリーは高めの食品です。

上述の実験では、1日8-13個のくるみを食べましたが、13個食べると351キロカロリーとなるので、肥満予防のためにはほかの食品の見直しが必要です。

食べ過ぎには注意しながら、料理などに上手にくるみを取り入れていくことをおすすめします。

 

くるみには、動脈硬化によい脂質だけではなく、ビタミンEなども含まれています。

ビタミンEにはアンチエイジング効果があるので、年を重ねた人にはおすすめの食品です。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動脈硬化に関する記事

動脈硬化の予防には中強度運動が適切!中強度運動ってどれくらいの運動?見極めるのは○○!

血管のしなやかさがなくなり、血栓などを作りやすいどろどろの血が流れやすい動脈硬...

動脈硬化を予防しながら食べたい!工夫しておいしい☆キノコとブロッコリーのパスタ

生活習慣の蓄積によって起こるのが、「動脈硬化」です。血管内壁にコレステロールな...


納豆に多く含まれる「ビタミンK」、血栓促進の作用はなく、血管石灰化を抑制するという結果

ビタミンKは、血液を凝固させる経路の一因子として働く以外にも、骨代謝にも関わりが...

スイカには驚動脈硬化予防、脂肪肝予防の効果があった!スイカに含まれる嬉しい成分とは?

夏の味覚の代表ともいえるすいかは、実は健康成分がたっぷり入った食物でもあります...

カラダノートひろば

動脈硬化の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る