カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 動脈硬化 >
  5. 筋トレをするときには注意が必要!?動脈硬化予防・改善のための筋力トレーニング☆

気になる病気・症状

筋トレをするときには注意が必要!?動脈硬化予防・改善のための筋力トレーニング☆

運動は、腹筋運動などの筋肉トレーニング、ランニングなどの有酸素運動に分かれています。

動脈硬化の予防・改善運動においては、筋肉トレーニングは不可と言われることもあるのです。

 

●血圧が上がりやすい筋トレ

筋トレをしていると、グッと力を入れたり息を止めたりすることがあります。

有酸素運動は常に酸素を取り入れながら行いますが、筋トレの場合は、酸素の供給が一時的になくなります。

一方で、圧力がかかった組織は酸素を必要とするので、血圧が急に上がります。

血圧が上がると血管が負担を抱えるので、しなやかさのない血管を持つ動脈硬化の方にはよくない、ということになります。

 

●予防の時点ならある程度OK

動脈硬化が本格的に治療を必要とするほどではない、そろそろ年も年なので動脈硬化を始めとした生活習慣病に気をつけたいといった場合は、筋トレも基本的にはOKです。

高血圧、動脈硬化がほとんど見えていない時点での予防では、健康な人が筋トレをするのと変わりありません。

体調を見ながら、無理のない程度に自分で筋トレを取り入れて行ってもよいでしょう。

 

●治療中なら医師・インストラクターに相談を

動脈硬化で治療中、運動療法として筋トレを行うなら医師やインストラクターへの相談は必須です。

筋トレをしたいが、どれくらいの運動だと影響が出るか、どんな運動は避けておいた方が良いかなど、動脈硬化の進行状態によっても違いますので、確認してみましょう。

また、正しい筋トレの方法を習って、血管に負担がかかりすぎないように上手に運動する方法を知るのも大切です。

 

有酸素運動の方は、動脈硬化を悪化させる可能性があるといった報告は今のところありません。

ただし、高強度運動では心臓にかかる負担が大きいので、歩く速さ・走る速さには注意が必要です。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動脈硬化に関する記事

動脈硬化の予防には中強度運動が適切!中強度運動ってどれくらいの運動?見極めるのは○○!

血管のしなやかさがなくなり、血栓などを作りやすいどろどろの血が流れやすい動脈硬...

動脈硬化を抑制する新たな物質「マグネシウム」と「β-コングリシニン」

近年、帝京大学医学部の研究によれば、動脈硬化の初期段階に現れる血管内皮機能に大き...


簡単☆洗い物なし!動脈硬化も予防できる♪おいしい「魚ときのこのホイル焼き」レシピ

手や顔がピリピリとしびれるということは、日常の中でもよくあります。正座をしたと...

必見!動脈硬化の原因となる高コレステロール値を防ぐスーパー食材"わかめ"の力とは?

動脈硬化とは、動脈の血管が弾力性(しなやかさ)を失って、血液をうまく送り出せな...

カラダノートひろば

動脈硬化の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る