カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. たんこぶ >
  5. 血が出ないほうが危ない?子供の頭の打撲で気をつけなければいけないこと

育児・子供の病気

血が出ないほうが危ない?子供の頭の打撲で気をつけなければいけないこと

子供が頭をぶつけるとたんこぶが出来たり、出血したりしますが、特に頭の場合、いろいろ不安になるのが親というもの。子供が頭をぶつけたときに、親として正しい知識を持つことが重要です。

 

1 血が出た場合、出なかった場合どうすればいいか?

子供が頭を打って、たんこぶの他に出血した場合、どうすればいいでしょうか。出血が生じてしまった場合には、皮膚が傷ついてしまったということです。傷の深さや長さにもよりますが、場合によっては縫合が必要となることもあります。また、傷口から細菌が侵入して細菌感染を起こしてしまうと、化膿して治りが遅くなります。そのため、抗生物質の服用が必要になります。頭部で出血が発生した場合、体の他の場所と異なり、小さな傷でも出血量が多くなる傾向があります。ですから家族も子供が頭部から出血するとびっくりしますので、大丈夫かな、と思っても一応病院で手当をしてもらったほうが良いでしょう。

 

2 血が出ないほうが危ない?

逆に強く頭を打ったのに、出血が見られないと、それはそれで血液が頭の中にたまって、脳を圧迫したりしてより一層危険なのでは、と考える親もいますが、実はその点についてはそれほど心配する必要はありません。基本的に強い頭部への打撲であったとしても、頭蓋骨の内側の出血、いわゆる脳内出血と皮膚と頭蓋骨の間の出血とは無関係だからです。

 

3 子供の様子を注意深く観察しよう

出血の有無に関わらず、大事なことは子供の様子をしっかりと観察することです。典型的な例では、頭をぶつけると子供は激しく泣きじゃくります。そしてやがて泣きつかれて寝てしまうのが普通です。また子供はこうした大きな衝撃を受けると嘔吐中枢が敏感なため、吐くこともありますが、これも特に何か危険な病気のサインであるというわけではありません。ただ、泣くことができないぐらい意識が遠のいている場合は、一刻も早く病院に連れていきましょう。

 

子供はよく頭を打つものですが、ポイントはその後の観察にあるので、十分に注意して子供を見守りましょう。

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

たんこぶに関する記事

たんこぶかと思いきや血管腫!?その原因とは?

  生まれた赤ちゃんに多い血管腫ですが、はじめはたんこぶと勘違いされる人が多く...

転倒によってできるたんこぶは強い衝撃の証!たんこぶをつくらないためにできることとは?

  子どもは昨日できなかったことが今日できるようになっているなど、成長のスピー...

たんこぶの体験談

生後10ヶ月 ベビーカーから落下!出血とたんこぶ

生後10か月のときに、お出かけから帰宅後の出来事でした。 ベビーカーの肩ベルトの止めを外して、後ろ...

<生後10ヶ月>子供が階段から転落!原因と怪我の状態

実家での話です。息子が1人で階段を降りるようになった頃に転落事件はおきました。ハイハイで階段を上り下...

カラダノートひろば

たんこぶの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る