カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 体調・症状 >
  5. 妊娠初期の頭痛が耐えられない…でも薬を飲むのはちょっと待って!薬を飲むときの注意点

妊娠・出産

妊娠初期の頭痛が耐えられない…でも薬を飲むのはちょっと待って!薬を飲むときの注意点

妊娠初期にはホルモンバランスの影響などで、どうしても痛み止めの薬を飲みたいという誘惑にかられます。しかし、妊婦がお医者さんと相談せずに安易に薬を飲むのは避けたほうが良いでしょう。

 

妊婦が薬を飲む際に注意しなければならない理由とは

妊婦はお腹の赤ちゃんに血液を通じて様々な栄養を運んでいます。その血液中に服用した薬の成分が入り込む場合があり、その成分が赤ちゃんにとって悪影響を及ぼす可能性があるのです。

 

特に妊娠12週までの初期には、薬が胎児に及ぼす影響が強いとされているので、できるだけ薬は飲まないようにしたほうが良いという意見もあります。

 

どうしても頭痛がひどくて薬を飲みたい場合は

どうしても頭痛がひどく、薬の服用を希望する際は必ず産婦人科の先生の指示に従いましょう。また妊娠初期の場合は妊娠に気がつくのが後になる場合もあります。

 

そのようなときには、気づいた時点で服用を中止して、産婦人科で診察を受けましょう。そのときに、どのような薬をどのくらいの量、どのくらいの期間服用したか、お医者さんに伝え、アドバイスを受けましょう。

 

一般的には市販薬は大丈夫といわれているが…

一般的に、市販薬の用法・用量を守った服用であれば胎児に影響はほとんどないといわれていますが、服用によって精神的に不安になることは胎児にとっても決して好ましいことではありません。

 

お腹の中の赤ちゃんにとってお母さんの精神的安定が最も大事なので、間違って飲んでしまっても、落ち着いて産婦人科を受診をしましょう。

 

お母さんもどうしても薬を服用して頭痛を含め症状を改善したい場合があります。単に痛み止めといっても、様々なものがありますので、産婦人科のお医者さんがあなたにとってベストな薬を処方してくれるでしょう。

 

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

体調・症状に関する記事

「妊娠初期の頭痛」原因はホルモンバランスのせいかも!

妊娠すると女性の体には様々な変化が発生します。その代表例が頭痛です。 特に妊娠...

妊娠初期の下痢は流産や病気の可能性?気を付けるポイントを知っておこう!

妊娠初期の下痢は流産の可能性?それとも病気が潜んでいる?注意すべきポイントや...

体調・症状の体験談

妊娠中の赤ちゃんとの気分転換

妊娠五ヶ月ですが、妊娠前よりも不安やストレスを感じてイライラしていることが多く、「その気持ちが赤ちゃ...

現在妊娠4ヶ月。頻尿と残尿感に悩まされています…

現在妊娠4ヶ月になる初マタです。 最近ある悩み事が増えました。 それは「頻尿と残尿感」です。 ...

カラダノートひろば

体調・症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る