カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. 育児のコツ >
  6. 子供の感情は親にとってはゲーム?感情的な子供への対処法のヒミツ

育児・子供の病気

子供の感情は親にとってはゲーム?感情的な子供への対処法のヒミツ

しばしばスーパーやデパートなどで、子供がほしいものを買ってくれないため泣きじゃくって暴れている光景を目にします。残念ながら子供の欲求を完全にかなえることができる親はいませんから、どうしても子育てにおいて、子供が怒ったり悲しんだりしている状況に対して対応しなければいけません。では、具体的にどのような対応が良いのでしょうか。

 

1 子供の怒りや悲しみに対して正面から対応しない

子供の怒りや悲しみに対して、正面から対応しないというと、いささか不誠実な感じがしますがそうではありません。例えば、デパートでほしいおもちゃを買ってあげられないケースの場合、おもちゃは買えないものは買えないわけで、そうした大人の事情を自身の感情と共に子供の感情に対してぶつけたところで、子供は親の感情などを押し付けられた形で自分の思いを収束させなければならず、嫌な気持ちが子供側に残ってしまいます。

 

2 親はゲームとして考えることが重要

子供は純粋におもちゃがほしくて、ありとあらゆる方法で訴えます。時には親として傷つくような発言をするかもしれません。「おとうさんなんかいなくなってしまえばいい」と仮に言ったとしても、本当にそのように思っているわけではなく、おもちゃを得るための手段の一つにすぎません。親はこうしたことを真に受けてしまうと、親も感情的になってしまい、より強い感情で子供を押さえつけることとなり、これは決してよいことではありません。子供の感情に対しては、あくまでゲームだと思って対応できるかが、カギなのです。

 

3 子供の感情はやがて静まる

どんなにほしいおもちゃで、さんざん暴れていたとしても、時間が経つと子供はその感情が薄らいできます。それまでの間、しっかりと子供の感情を理解し、その姿勢を見せることが大事です。上記の例では「おもちゃがほしかったんだね」と何度も言ってあげて、子供の感情が静まるのを待ちましょう。

 

最初は難しいかもしれませんが、ゲームのような感覚で子供の感情に対処するのも、親子関係をうまく築いていく上でのポイントです。

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

育児のコツに関する記事

「コラ!」その叱り方でいいの?知っていてほしい「叱り方のコツ」

  お子さんを叱るとき、どんな風に叱っていますか? ついつい、感情的に大声を...

同性きょうだいを育てるママへ 姉+妹の姉妹を育てるママが知っておきたいコト

お子さんをお持ちのママで、男の子も女の子もいるという家庭はバランスが取れていて...

育児のコツの体験談

生後10日目ごろ・・・反り繰り返りが気になる

入院時から気になっていましたが、息子は私が抱くと、身をよじって落ちそうになりました。それはだんだん派...

子育てに向いてないと思うママがちょっとラクになった言葉

私は子育てに向いてない性格だとつくづく思います。 というのも、いまの悩みが、 ※在宅で仕事してて...

カラダノートひろば

育児のコツの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る