カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 保育園生活に子どもがなじめるように…親が心がけておきたい3か条

育児・子供の病気

保育園生活に子どもがなじめるように…親が心がけておきたい3か条

保育園は子供にとって始めての集団生活の始まりという場合がほとんどです。本当にわが子は保育園生活になじむことができるのであろうか、と親が心配するのは自然なことです。そこで、子供の保育園生活において親が心がけておくことは何でしょうか。

 

1 自信をもって保育園に預けましょう

保育園に子供を預けるのは確かに親にとっても不安なことばかりです。また本当に預けて良いのだろうかと思うことも多いでしょう。しかし、こうした不安や迷いがあると子供は親のそうした気持ちを敏感に感じ取り、子ども自身も不安になってしまうのです。

 

2 保育園の先生・関係者とは密なコミュニケーションを 

親が自信をもつためには、やはり保育園の先生・関係者との密接なコミュニケーションが最も重要です。特に子供がいる前でも、保育園関係者とは積極的に話をして、彼らが安心してわが子をまかせられる存在であることを子供にもそれとなく伝えましょう。

 

保育園にはそれぞれ方針や意図があるものです。こうした点をしっかりと理解すると同時に、これらが不明瞭であるならば、遠慮せずに質問してみることです。大切なわが子を預けるわけですから、しっかり預け先がどのような考えに基づいて保育をしてくれるのか、親として知る義務があります。

 

3 不安な場合は、役職者への相談を

それでも、子供に対しての対応が悪いとか、先生が頼りなさそうだ、など不安に感じる場合があるかもしれません。そうした場合は、具体的な事実を提示しつつ、園長やリーダーなど役職者への相談をすると良いでしょう。できるだけ単なるクレームになるのではなく、建設的な話し合いをすることが双方にとっても良いですし、こうした話し合いから親がより深く保育所を信頼することにもつながることもあります。

 

保育所に慣れるかどうかは子供だけの問題ではなく、親もたくさんできることがあるのです。

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・施設に関する記事

ベビーシッター選びは慎重に!事件が起きないために~ベビーシッター選びのポイント~【前編】

少し前に、民間の無資格のベビーシッターによる幼児虐待がニュースになりました。...

施設側から見た「病児保育」の問題点と課題 ワーキングマザーが困っていること

子供が病気になってもそのまま預かってくれる病児保育は、ワーキングマザーにとっ...

保育園・施設の体験談

【1歳と3歳】保育園児の平日家でのスケジュール

一歳代から子どもが保育園に行きだすようになりました。 保育園のある平日は朝も夜もバタバタです。 ...

0歳からの保育園。

私は小さい会社に勤めていたので、長い育休を取ることができませんでした。同僚は産後一か月で復帰した人も...

カラダノートひろば

保育園・施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る