カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 外出時 >
  5. 妊婦の大敵!冷えは夏バテの原因です!夏バテ予防をしてお産に備えよう

妊娠・出産

妊婦の大敵!冷えは夏バテの原因です!夏バテ予防をしてお産に備えよう

冷えは夏バテの原因となりますが、妊婦にとって冷えは大敵。妊婦はしっかりと冷え対策をして夏バテを防ぎ、お産に備えなければなりません。

 

冷えが妊婦にとって悪い理由とは

様々な理由で夏場に起こりやすい身体の冷えですが、特に妊婦にどうして悪いのかというと、子宮への影響があるからです。子宮は冷えると硬くなって張りがちになります。

 

過去に切迫早産を経験した女性、切迫早産のリスクがある女性は特に、冷え対策はしっかりと行う必要があります。

 

妊婦の冷えは体液・血液の循環をさらに悪化させるんです

さらに妊婦の冷えは、血液・体液の循環をさらに悪化させます。ただでさえ、大きな子宮によってこうした循環が子供にも振り向けられ、妊婦自身にとっての循環が悪くなりがちなので、冷えによってそれが一段と悪化することになるからです。

 

妊婦さんのためのオススメ冷え対策

それでは妊婦の冷え対策としてどのようなことをすれば良いのでしょうか。まず第一に、レッグウォーマーを使うのがお勧めです。パンツをはいて靴下を履いていたとしても、それだけでは十分ではありません。

 

レッグウォーマーを使う理由としては、安産や冷え解消のツボとも言われている三陰交(さんいんこう)というツボを温めるためです。このツボは足の内くるぶしから指4本分上がったところにあります。

この部分は短い靴下ではなかなかカバーできないので、レッグウォーマーを身に着けたほうが良いのです。

 

腹巻も重要アイテムです!

腹巻も妊婦の冷え対策として非常に重要なアイテムです。特に夏場は外の気温と室内の温度の差が大変大きくなります。こうした急激な温度変化を腹巻をすることでやわらげてくれるという効果もあります。

 

これらのアイテムで、しっかりと冷え対策をしていきましょう!

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外出時に関する記事

腹帯を巻いて安産祈願!妊娠5ヶ月目の戌の日に行う「帯祝い」の目的とは

妊娠5ヶ月目の戌の日に行う帯祝い。「戌の日のお参り」と一緒に行われることが多いで...

妊娠中に、温泉・美容院は行っても大丈夫?飛行機に乗る場合はどうする?

素朴なギモン、妊娠中は温泉や美容院に行っても大丈夫なのでしょうか?  ...

外出時の体験談

妊娠中の八景島シーパラダイス♪

妊娠中にディズニーに行く方も多いですが、私たちは天候に左右されない水族館というチョイスをしました。 ...

転んだり、感染したり…妊娠中に起こったハプニング集!

妊娠中にひやっとしたハプニングについて書こうと思います。妊娠8ヶ月のトラブル体調は順調。当日2歳だっ...

カラダノートひろば

外出時の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る