カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 目覚め >
  4. 良くする方法 >
  5. 人によってはメリットもある!二度寝は○分でOK!上手な二度寝の方法を取り入れて快眠生活♪

不眠・睡眠障害

人によってはメリットもある!二度寝は○分でOK!上手な二度寝の方法を取り入れて快眠生活♪

二度寝は、無理に起こされるような場合には、眠りの質を確保するため、よい1日を送るために必要です。

1度目に起きた時に出てきたストレス緩和ホルモンが、二度寝の最中に体に回り、ストレスを感じにくくなるとも言われています。

二度寝でメリットを得るために、上手な二度寝の仕方を紹介します。

 

●自然起床ならメリットなし、そのまま起きて

二度寝がメリットを発揮するのは、それが強制的な起床である場合のみです。

自然に朝起きることが出来たのに二度寝するのは、体にとっても睡眠バランスにとっても良いことではありません。

無駄な眠りとなりますので、二度寝するのは無理やり起きた時、目覚まし時計などで起こされた時のみとしてください。

 

●二度寝は数分程度

強制的な起床では二度寝OKですが、時間には注意してください。ストレスホルモンが体を廻るには10分もあれば十分です。

数十分、1時間といった単位で二度寝してしまうと、目覚めが悪くなって、自然起床のときの二度寝と同じように、睡眠バランスの崩れの元ともなります。

そして、朝の予定を急に変更しなければならず、会社や学校への遅刻、朝ごはんを食べられない事での体調不良などの危険性もあります。

あくまでも時間は10分くらいまでを目安に、二度寝してください。

 

二度寝をする時のポイントですが、日差しが入っていると人の体は起きやすくなります。

1度目の起床でカーテンだけは開けて、あと5-10分眠れば、体が自然と『起きるモード』に切り替わっているので、二度寝での寝過ごしはありません。

冬は日の出が遅いので、起きるときは暗いという場合もありますが、そんなときには電気をつけることをお勧めします。

光を目に入れる、体で感じることで、二度寝時間をうまく調節できます。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

良くする方法に関する記事

すっきり目覚めたい☆冬、寒さで起きられないあなたに贈る目覚めの3つの秘訣!

冬になるとこたつが恋しい、いつまでも布団の中にいたいなんていう声もあります。 ...

良い眠りをするためのおすすめ便利グッズ!睡眠サイクルに合わせて起きられるアラームとは?

  よい眠りとは、しっかり眠った感じがする睡眠です。時間よりも、本人の満足...


冬の朝は起きられない・二度寝したい…それには原因があったんです!起きれないのは○○のせい!

春夏はそうでもないのに、冬になると起きるのがつらいという方もいます。なかなか予...

冬はどうして起きられない…冬の朝は寒いから起きられないだけではない、原因とは?

日本には四季があり、それぞれの季節で気温が大きく違います。 また、縦に長い国土...

カラダノートひろば

良くする方法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る