カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 原因 >
  5. 不眠症 >
  6. うつ病対策には睡眠ホルモンを増やして不眠症を解消

メンタル

うつ病対策には睡眠ホルモンを増やして不眠症を解消

 

うつ病になりつつある、もしくはすでにうつ病になってしまった人は、大部分が不眠症など睡眠のリズムに不調を抱えています。

うつ病の原因となるセロトニン不足は、同時にセロトニンを材料とするメラトニンという睡眠ホルモンの減少を意味するからです。

 

 

■睡眠の治療は根幹から

ストレスを抱え、うつ病に近づくほどに不眠症の症状が悪化することになります。不眠症を薬に頼って一時的に改善しても、根幹のセロトニン不足を解消しなければすぐに元の木阿弥です。

サプリメントなどでメラトニンを補うよりも、その材料であるセロトニンを増やして、自前の脳で合成されたメラトニンで不眠症を解消できるようになれば、うつ病も改善傾向に向かいます。

 

■うつ病と不眠症の関係

1.ストレスによりセロトニン不足となりうつ病に

2.セロトニン不足により材料が枯渇し、メラトニンが減少する

3.脳内の睡眠ホルモンの働きが弱まり不眠症に

 

■まずは規則正しい生活

メラトニンを脳内で作り出すため、セロトニン不足を解消するために必要なのは何よりも規則正しい生活です。それも、必ず太陽の光が上った日中に活動し、太陽が沈んだ夜間に睡眠を取ることを厳守しなくてはいけません。

 

一昔前は当たり前だった生活サイクルが、現代になって乱れがちだからこそ、セロトニン不足が重症化し、うつ病や不眠症が増えてきているのです。

 

 

(Photo by [//pro.foto.ne.jp/free/product_dl.php]) 

著者: ハヤテさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不眠症に関する記事

うつ病の原因となる不眠症対策、効果があった声まとめ

  睡眠薬や、食事療法や、光療法、不眠症対策はいろいろありますが、実際に効果が...

相互的に悪影響を及ぼす?!「不眠症」と「うつ病」の悪循環

  うつ病の症状のひとつに不眠症があります。不眠症の症状がうつ病患者の多くに見...


「うつ病」と精神のバランスをとる神経伝達物質「セロトニン」

  うつ病を発病すると不眠症状が見られることが多くあります。うつ病の発症にはい...

うつ病のつらい原因、不眠症をやわらげるためのアロマセラピー

  つらいつらい不眠症。いろんな配合で、いろんな方向からアロマセラピーをご紹介...

カラダノートひろば

不眠症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る