カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. 実は夏ではなく秋の方が多い!?秋は「食中毒が多い時期」注意したい3つのヒミツ

気になる病気・症状

実は夏ではなく秋の方が多い!?秋は「食中毒が多い時期」注意したい3つのヒミツ

食中毒というのは、高温多湿な環境を好む夏に発生しやすいです。ですが、だから秋に注意しなければいけません。厚生労働省の調べによると、食中毒の最も多い月は10月で、それに次いで8月、9月となっています。なぜ秋に食中毒が多いのでしょうか。

 

どうして秋は食中毒が多いの?

「夏は食材が傷むのが早いから、食中毒に気をつけなくちゃ」というのも正しいのですが、秋というのもまだまだ油断できません。もちろん、夏の環境の方が食中毒が起こりやすいのは、違いありません。以前は確かに、夏に食中毒が多いという傾向がありました。

 

・夏の食中毒が減った

しかし、この状況もだんだんと変わってきています。秋に食中毒が多くなったというよりも、夏の食中毒が減ってきたのです。

というのも、夏の食中毒の主な原因だった、腸炎ビブリオやサルモネラ属菌による食中毒が減ってきているのです。これは食品の衛生管理が向上されたことが、背景にあると考えられています。

 

・行楽のシーズン

秋は過ごしやすい季節です。そのため行楽、行事、運動会など、外での行事が多いです。自分で作るお弁当の場合もそうですが、仕出し弁当などを利用することも増えます。

夏ほど食中毒に対する危機感がないこともあり、油断から食中毒が生まれることもあります。

 

・自然毒による食中毒

外出することが増えるのに合わせて、季節的に毒キノコなどによる食中毒も増えています。

キノコ狩りなどに出かけた際には、安易に自分の知らないものを口にするのは避けた方がよいでしょう。図鑑で確認したとしても、食べられるものと、毒キノコの違いというのは、素人判断ではなかなかできません。

食中毒ではありませんが、中には触っただけでかぶれるなどの症状が出ることがありますので、うかつに触らないようにしましょう。

 

 

「秋になったから、もう食中毒には気をつけなくてもいい」というのは、いささか早計です。その時の気温、気候に合わせて、自分で危機感を持ち、適切に気をつけられることが必要になってきます。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食中毒に関する記事

食中毒のリスクが高い夏は特に注意しよう!お弁当を作る際の注意点

夏は食中毒のリスクが高い季節です。子供やお父さん、自分のためにお弁当を作る場...

夏のお弁当には要注意!食中毒予防で弁当を作る前にしておきたいこと

夏の食中毒の原因になるもののひとつがお弁当ですが、きちんと注意すれば食中毒は...


小麦を自分で作る場合は要注意!小麦で起こる赤かび病の危険性について

    小麦においては、栽培中に発生する赤かび病というものがあります。普通は...

もう毒キノコのカエンタケってどんなキノコ?触ると?食べると?どんな症状が出るの?

  今日本の各地で目撃されている、「カエンタケ」という猛毒のキノコを知っているで...

カラダノートひろば

食中毒の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る