カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. その他 >
  5. どんな目の病気が起こる?秋に多くなる「目の病気」…何故秋に増える?恐ろしい目の病気 5種類

気になる病気・症状

どんな目の病気が起こる?秋に多くなる「目の病気」…何故秋に増える?恐ろしい目の病気 5種類

秋は過ごしやすい季節ですが、目の病気が多くなる季節でもあります。特に秋に、目の疲れや違和感を生じる人も多いそうです。見えることが当たり前すぎて、普段あまり注目しない目ですが、だからこそこれを機会に目の健康を考えてあげましょう。

 

なぜ秋に目の病気が増える?

24時間活動できるようになった現代は、目の疲れを感じる人も多いと言います。

特に秋に目の病気が増えるというのは、いくつか理由があります。

 

・夏に溜まった疲れが出る

・疲れた目を酷使して読書など

・乾燥

・紫外線の多さ

・花粉アレルギーによって目をこする物理的刺激

 

紫外線というと、夏の方が強い気がします。実際秋の紫外線量というのは春頃と同じくらいなのですが、空気が澄んでいる分、地上に届きやすくなっています。

また、夏ほどまぶしさがないため、サングラスなどの対策を怠りがちということも言えます。

 

恐ろしい目の病気5種類

具体的には以下のような目の病気を発症することがあります。

 

1 白内障

紫外線に多く当たることで、水晶体のたんぱく質が変質してしまい起こります。加齢という要因も大きく、年齢が上がるごとに発症する人の数が増えます。

 

2 ものもらい

目の疲れから、つい目をこすってしまい、ものもらいになってしまうこともあります。手についた細菌などがまつ毛の根元などに感染して、まぶたが腫れたり、痛みが生じたりします。

 

3 屈折異常

屈折異常というのは、目に入ってきた光が正常に、スクリーンである網膜に焦点を結ばないことです。近視や遠視、乱視などの状態です。

 

4 中心性脈絡網膜症

網膜の中心には黄色の黄斑という部分があります。視細胞が高密度で集まっている場所であるため、視野の中心となっている部分なのですが、この黄斑が腫れたりむくんだりするのがこの病気です。

視野の中でも中心が見えにくくなったり、中心だけ色彩に異常を生じたりします。特に30~40代の男性に多いそうです。

 

5 眼精疲労

一時的な「目が疲れた」という状態ではなく、睡眠などで目を休めても、目の疲れが感覚が十分にとれない状態です。

 

目は疲れたままにしてしまうと、そのまま視力が落ちて行ってしまうことにもなります。

日々寝ているとき以外は、休まず働いている目ですから、特に秋になったら、目を大切にしていたわってあげてはどうでしょうか。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

【目がごろつく、視界がかすむ?】ヘルペス角膜炎

    「ヘルペス」という名前は耳にしたことがあると思います。うつることはないの...

あなたの環境はVDT症候群を防げる?VDT環境チェックをしてみよう

VDT症候群とは、主にパソコンを用いディスプレイやマウスなどのVDT機器と言...


あなたはVDT症候群かもしれない?!症状をチェックしてみよう!

パソコンを長時間使った作業をしている人で、近頃不調続きだという人はいませんか...

紫外線対策に活躍のサングラス、色での効果の違いは?グレー、ブラウン、オレンジカラーの違い

目の紫外線対策と言えば、まず思いつくのがサングラスです。 紫外線カットのために...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る