カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. その他 >
  5. 気になる!ひな人形の相場は?費用は誰が持つ?~女の子の初節句~

妊娠・出産

気になる!ひな人形の相場は?費用は誰が持つ?~女の子の初節句~

女の子の初節句の準備で、一番大きなものがひな人形ではないでしょうか。気になるひな人形の相場、初節句の費用はだれが持つべきかなどをまとめました。準備の参考にしてください。

 

ひな人形とは

子どもの穢れをはらい、厄除けのために用意します。人形の数や素材によっても違いますが、一般的な相場は次のとおりです。

・平飾り(親王飾り

男雛・女雛のみの飾りです。場所をとらないのでマンション住まいでも置きやすいと人気です。5~10万円のものが売れているそうです。ガラスケースに入ってホコリがつかないようになっている、ケース飾りもおすすめです。

 

・段飾り

三人官女も加わった、3段飾りも人気です。8万円くらいから十数万円のものが多いようです。

 

・七段飾り

五人囃子など人形が15体揃った飾りです。本格的なものは、20万円以上します。場所をとるので、飾るための広い部屋が必要です。

 

ひな人形は女の子が生まれるたびに必要?

姉妹の場合、「初節句のたびにひな人形を買ったほうが良い」といわれることもあります。これは、子どもの厄を人形が引き受けてくれるという考えからきているので、1人に付き1つのひな人形が必要です。ただし、費用やスペースの問題があるので、字際に2セット用意する家庭は少ないでしょう。下の子どもには、小さな人形を用意する方法もあります。陶器などでできた小さくて手軽なものもあります。

 

初節句の費用

「男の子の初節句は父親の実家、女の子の初節句は母親の実家が費用をもつ」というケースが多いようです。ひな人形を母親の実家からプレゼントするのが一般的です。

ただ、子どもの性別にかかわらず父親(または母親)の実家が取り仕切ると決めている家や地域もあるでしょう。最近では、そのようなしきたりにとらわれず、子どもの両親が自分たちでできる範囲で祝うという方法も好まれています。

 

費用などは、あらかじめ相談して決めておくと良いでしょう。

 

(Photo by:足成 )http://www.ashinari.com/2011/01/17-344816.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

なかなか人に聞きづらい…産後の性交痛は骨盤底筋を鍛えれば改善する!?

妊娠をしているときから、パートナーとの性生活というのは色々と苦労したり、悩ん...

お宮参りの際の作法とは?今更人には聞けない疑問を解決!

お宮参りは赤ちゃんが生まれた後、多くの親が行う行事ですが、具体的にどのような...

産後の体験談

離乳食開始!椅子はどれを選ぶ?

生後5ヶ月から始まった息子の離乳食。 離乳食を始めるにあたり、必要になるのが椅子です。 ハイ...

バギー選びのアレコレ

お座りが出来るようになった7ヶ月頃、バギーを購入しました。 それを3歳頃まで使う気満々で…シンプル...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る