カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 【出産届けは前もって準備】赤ちゃんが生まれたらすぐに提出しよう

妊娠・出産

【出産届けは前もって準備】赤ちゃんが生まれたらすぐに提出しよう

子どもが生まれたら、さまざまな手続きが必要になります。その中でも最初の手続きが「出生届」です。

出産直後、慌しい時期に申請しなければならないため、どんな手続きなのか出産前に把握しておくことが大切。そこで今回は、そんな出産届けについてご紹介します。

 

出生届とは

出生届とは、赤ちゃんを戸籍に登録するための手続きです。

 

出生届の期限

日本国内で出産した場合は、生まれた日を1日目として14日以内に出生届を提出しましょう。期限を過ぎると、過料(行政上の罰金)を課される可能性があります。

 

出生届期限の例外

例外として、14日以内に提出しなくても良いのが、国外で出産した場合です。国外で出産したら、3ヶ月以内に現地の大使館や総領事館に出生届を提出します。3ヶ月を超えると、日本国籍を取得できない可能性があります。

 

また、名前がどうしても14日以内に決まらない場合、名前を空欄のまま出生届を提出します。名前が決まり次第、追完届を役所に提出しましょう。

 

出生届の用紙はどこでもらえるの?

<出典元:まちキュン ご当地出生届

出生届用紙は、病院や役所の窓口で手に入ります。基本的には病院で頂く方が多いですが、最近は婚姻届のようにオリジナルの出生届を作成する方も多いそうです。

 

無料でダウンロードできるものもあるので、ぜひインターネットでチェックしてみてください。

 

☆オススメサイト☆

まちキュン ご当地出生届

 

出生届にはどんなことを書くの?

<出典元:住民票ガイド

子どもの名前や生年月日、生まれた場所(産院など)、両親の本籍地などを記入します。

 

出生届の右側は出生証明書。出産時の身長・体重などを記載し、医師や助産師など出産に立ち会った人の署名が必要です。

 

届出時に必要なもの申請方法

申請に必要なもの、そして申請方法についてまとめてみました。

 

出生届申請に必要なもの

手続きには以下の書類が必要となります。

 

・出生届

・母子手帳

・届出人の印鑑

 

誰が届けるのか

出生届を作成するのは、子どもの父母が原則です。しかし実際に届け出るのは、代理人で問題ありません。出産直後ママはは思うように動けないので、パパが手続きされる方が多いようです。

 

里帰り出産の注意点

出産後、病院内で出生届を作成し、代理人に母子手帳と記入済みの出生届を渡します。

 

代理人は申請を行った後、母子手帳を郵送でママに送り返します。退院時や産後の検診で母子手帳が必要なので、忘れないようにしましょう。

 

【体験談Pick Up】産後に提出する資料は盛りだくさん

産後に提出する書類は出生届以外にも盛りだくさん。助成金を受け取るための手続きなどどの手続きも非常に大切です。

 

自治体によって申請内容が異なることが多いため、必ず出生届を提出する役所に事前に確認しておきましょう。

 

出産後の手続きはやることいっぱい!出生届、児童手当、福祉医療など

出生届などを自治体へ提出

1)出生届・・・生まれた日から14日以内に届け出なければなりません。  私は、里帰り出産をしたので里帰り先の自治体に届出を出しました。  私自身が外出できる状態ではなかったので、実母に届出の代行をお願いしました。

2)乳幼児保健カードの記載・・・住民票のある自治体へ、新生児訪問をしてもらうための  書類です。  新生児訪問は、里帰り先でしてもらいたかったのでこちらも提出しましたが里帰り先  でも、病院で書類をもらえたので提出しました。

3)児童手当の申請・・・生まれた日から15日以内に届け出なければなりません。  3歳未満は、月額15000円を年3回に分けてもらえます。

4)福祉医療の申請・・・出生届け出後、すみやかに提出します。  受給者証の交付を受けるために申請します。病院にかかる時に提出をすると、  医療費負担が500円の受給者負担金を差し引いた金額を支給されます。  要するに、私たちは1回の受診に付き最大でも500円しか払わなくてよいのです。

5)子育て家庭優待パスポート・・・加盟店へこのパスポートを提示すると、加盟店ごとの  決められたサービスが受けられます。

6)出生記念樹・・・自治体からのプレゼントです。

7)もえるごみ指定袋の支給・・・オムツ処理用のごみ袋を支給してもらえます。

 

出産育児一時金などを勤務先への提出

8)出産育児一時金の請求・・・出生届け出後、すみやかに提出します。出産費用負担  軽減のための支給で、お産をした施設への直接支払制度を利用するか、しないかを 選べます。

9)健康保険被扶養者の届出・・・保険証発行のため、勤務先の健康保険への加入  手続きをします。

 

出産前に準備できることから始めよう

産後すぐに作成しなければならない出生届。書類への記入は産後となりますが、名前をどうするか、また印鑑の準備などは事前にしっかり行っておきましょう。

 

特に里帰り出産の場合は、提出するエリアが病院の所在地と異なることが多いため、手続きの流れをパパと確認しておくことが大切です。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お金・各種制度に関する記事

家計と節約、今さら聞けない「おカネの話」4人のママの失敗家計簿で学ぼう!

みなさん、こんにちは!カラダノートママ部のヒロです。 突然ですが、家計簿を...

血縁関係者の白血病…我が子の将来の発病が心配…。民間臍帯血バンク利用するべき?

血縁関係に白血病患者がいる、再生不良性貧血を患っている方がいる場合、その治療に役...

お金・各種制度の体験談

働く妊婦に嬉しい情報★傷病手当金

私は妊娠発覚しても働き続けた妊婦です。 妊娠初期と妊娠後期でもうすぐ産休の今も、医師から切迫流...

安定期の間にやるべきだったこと!学資保険について

初めての赤ちゃんを授かって、あれもこれも準備しなきゃ!とベビー服、ベビー用品など色々比較検討してよう...

カラダノートひろば

お金・各種制度の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る