カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. その他 >
  5. 慌てないように前もって準備!赤ちゃんが生まれたらまず出生届を提出しよう!

妊娠・出産

慌てないように前もって準備!赤ちゃんが生まれたらまず出生届を提出しよう!

子どもが生まれたら、さまざまな手続きが必要になります。最初の手続きが、出生届です。出産直後の慌しい時期に届け出なくてはならないので、どんな手続きなのか出産前に把握しておきましょう。出生届けの概要をまとめました。

 

出生届とは

子どもが生まれたことを届け出る手続きです。出生届用紙は、病院や役所の窓口で手に入ります。子どもの名前や生年月日、生まれた場所(産院など)、両親の本籍地などを記入します。出生届の右側は、出生証明書という書類になっています。出産時の身長・体重などを記載し、医師や助産師など出産に立ち会った人の署名が必要です。

 

届出時に必要なもの

記入した出生届と添付書類の出生証明書に加え、母子健康手帳と印鑑を提出しましょう。

 

誰が届け出るか

出生届を作成するのは、子どもの父母が原則です。実際に届け出るのは、代理人で問題ありません。出産直後の母親は思うように動けないので、父親が届け出るほうが良いでしょう。

 

提出する場所

出生地、または居住地の役所に届け出ます。本籍地の役所である必要はありません。里帰り出産などで居住地と離れた場所で出産した場合は、その地域の役所で大丈夫です。

 

提出期限

日本国内で出産した場合は、生まれた日を1日目として14日以内に出生届を提出しましょう。期限を過ぎると、過料(行政上の罰金)を課される可能性があります。

 

・期限の例外

例外として、14日以内に提出しなくても良いのが、国外で出産した場合です。国外で出産したら、3ヶ月以内に現地の大使館や総領事館に出生届を提出します。3ヶ月を超えると、日本国籍を取得できない可能性があります。

また、名前がどうしても14日以内に決まらないなら、名前を空欄のまま出生届を提出します。名前が決まり次第、追完届を役所に提出しましょう。

 

名前などは候補をいくつか挙げておき、スムーズに出生届を提出できるようにしましょう。 

(Photo by:足成

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

医療保険は妊娠前に加入しておこう!出産でかかる費用をおさらい

妊娠は基本的に病気ではないので、医療保険の適用がありません。 しかしながら...

その他の体験談

どこにしよう?妊娠中に学資保険選び

自分の保険のこともいまいちよくわかっていない私なのですが、子供のためにできることの一つとして学資保険...

家計の見直し!赤ちゃんが生まれてからの生活費のために

今夫婦2人で生活費がギリギリです(笑) 毎月積み立てはしてるので少しの貯金は出来ていますが、赤ちゃ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る