カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 行事 >
  4. 気になる時期・費用…七五三はどうお祝いする!?~子供のお祝い事~

育児・子供の病気

気になる時期・費用…七五三はどうお祝いする!?~子供のお祝い事~

子どもの成長を祝う、大きな行事といえば七五三です。七五三を行う時期や意味、費用などについてまとめました。是非参考にしてみてください。

 

七五三とは

子どもの成長を祝い、神社に参拝します。詣でる日は11月15日。お祓いを受け、祝詞をあげます。家族や親戚で食事会をすることも多いでしょう。

 

七五三の意味

子どもの死亡率が高かった時代には、乳幼児が無事に成長できるよう、神仏に加護を祈っていました。七五三では無事に3、5、7歳を迎えられたことを祝います。昔は3歳に髪を伸ばす「髪置き」、5歳になると袴を履く「袴着」、7歳で大人と同じ帯を締める「帯解」を行いました。和装でお参りをするのは、その名残だといわれます。

 

年齢

男の子は3歳と5歳。女の子は3歳と7歳でお祝いします。昔は数え年で行いましたが、いまは満年齢で行うことが多いようです。兄弟姉妹がいる場合は、可能な範囲で一緒に祝っても良いでしょう。たとえば、姉が満7歳、弟は数えで5歳というように、多少の幅を持たせても大丈夫。また、地域によって3歳のお祝いは女の子だけで、男の子は5歳だけ祝います。早生まれの場合も、1年ずらすことがあります。

 

お祝いをする日

本来は11月15日ですが、かなり混み合うことが考えられます。着付けや写真撮影を落ち着いてしたいなら、ピークをずらすのがおすすめです。9月から11月で、家族が集まりやすい日が良いでしょう。残暑が厳しい時期は負担が大きいので、おすすめできません。北海道のような寒冷地では、10月ごろ行う家庭も多いようです。

 

費用

必要な費用は、主に初穂料(後祈祷料)が5,000~10,000円、衣装代がレンタルなら数万円が相場です。着物を購入する場合は、数万円から数十万円かかります。意外と高額になるのが、写真代です。撮影料金は安くても、プリント代が高くなっています。1枚あたり5,000円前後、アルバムを作成すると1冊数万円になることも。実家など配る冊数が増えると、10万円かかる場合もあります。食事会をするなら、その費用も加算されます。

 

時期やどのくらい費用をかけるかなどは、無理のない範囲で行えるよう、柔軟に考えても良いでしょう。

 

(Photo by:足成

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

行事に関する記事

男の子の初節句は何をする?「ふるまう料理」「用意するお風呂」端午の節句の基礎知識

 男の子は5月5日の子どもの日に、端午の節句、女の子は3月3日に桃の節句というよ...

なにを贈ろう?「入園・入学祝い」お祝いを贈る側の対処法とは?

  親戚や友人・知人の子の入園・入学はおめでたいことですね! でも、そこで出てく...

行事の体験談

1歳★誕生日【ケーキ編】

初めての誕生日、記念に残るものにしたいですよね。 息子のために作ったものだからと思い、普段なら...

お祝いしよう♪ハーフバースデー

ハーフバースデーって知っていますか? 赤ちゃんの生後6ヶ月をお祝いするんです! 最近...

カラダノートひろば

行事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る