カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 行事 >
  4. 関西ではポピュラーな「十三参り」とは!?~子供のお祝い行事~

育児・子供の病気

関西ではポピュラーな「十三参り」とは!?~子供のお祝い行事~

七五三を終えたら、次の節目は成人式…ではありません。関東ではあまり行われませんが、関西を中心に「十三参り」という慣わしがあります。十三参りとは何か、概要をまとめました。

 

十三参りとは

数え年が13歳の男女が、お寺や氏神様に参拝し、お祓いを受けます。お参りする時期は、3~5月が一般的です。小学校を卒業した後の春休みに参拝する人が多いようです。晴れ着は、大人と同じ寸法の肩上げしたものを着用するのが、昔から伝わる慣わしです。最近では、中学校の制服や、洋服で参拝するケースも目立ちます。

 

十三参りの意味

・厄除け

数えで13歳は、自分の干支が一巡りする年齢です。最初の厄年にあたるので、お祓いを受けます。特に女の子は体の変化が大きな時期なので、昔から13歳は厄年とされてきました。

 

・知恵を授かる

十三参りには、「丈夫な体と知恵を授けてもらう」意味もあります。そのため、本格的に学業に取り組む、中学進学前に参拝することが多いようです。

 

十三参りの方法

晴れ着(学生服や洋装でも可)を着て、お寺などで厄を祓ってもらいます。京都嵐山の法輪寺、奈良の弘仁寺、大阪の太平寺が有名です。関東では、浅草寺に参拝客が集まります。

参拝する際、自分が授かりたいものを漢字一字で半紙に書く風習もあります。漢字は、夢・愛・友・勇・希・考・知・美・福などが一般的です。特に決まりはないので、好きな文字を書くと良いでしょう。

また、「参拝をした後に振り返ると、せっかく授かった知恵を返さなくてはならない」という言い伝えもあります。京都嵐山の法輪寺では、本殿を出てから渡月橋を渡るまで振り返ってはいけないそうです。他の寺でも、本殿を出てから暫くは振り返らないほうが、縁起が良いといわれます。

 

13歳は、心身ともに大きな変化が訪れる年齢です。成長のお祝いと、お祓いを兼ねて十三参りを行ってはいかがでしょうか。

 

(Photo by:足成

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

行事に関する記事

どうやってお祝いする?姉妹なら雛人形はそれぞれ?女の子の初節句までに知っておきたいこと

 女の子は桃の節句(3月3日)、男の子は端午の節句(5月5日)にお祝いする節句が...

七五三の由来とは?知っておきたいお祝いの基礎知識

「七五三」は、子どもがこれまで成長してくれたことをお祝いし、これからも健やか...

行事の体験談

1歳★誕生日【ケーキ編】

初めての誕生日、記念に残るものにしたいですよね。 息子のために作ったものだからと思い、普段なら...

お祝いしよう♪ハーフバースデー

ハーフバースデーって知っていますか? 赤ちゃんの生後6ヶ月をお祝いするんです! 最近...

カラダノートひろば

行事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る