カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. その他 >
  5. 内祝い=お祝い返しではない?!子どもが生まれたら知っておきたい内祝のマナー

妊娠・出産

内祝い=お祝い返しではない?!子どもが生まれたら知っておきたい内祝のマナー

子どもが生まれ、成長する過程で何かとお祝いをする、お祝いをしてもらう機会があります。そこで、気になるのが「内祝い」。内祝いのマナーや慣例などについてまとめました。

 

「内祝い=お祝い返し」ではない

内祝いというと、「出産や初誕生などでお祝いをくださった人へお礼をすること」と考えている人もいるのではないでしょうか。確かに、お祝いのお返しには、「内祝い」とのしをつけることが多いようです。

 

しかし、もともとは「喜びをおすそ分けする、お披露目する」意味で内祝いを行いました。たとえば子どもが生まれたり、初誕生や初入学を迎えたりした時に、子どもの名前を入れた品を親しい人に贈るのが内祝いです。相手から何もいただかなくても、子どもや慶事のお披露目をするためにお祝いを配る慣わしです。いまでは、一般的にお祝い返しを内祝いと呼ぶことが増えています。

 

内祝いをする機会

子どもの誕生、初誕生、七五三、入園や入学、成人などで内祝いを贈ります。これらすべてに内祝いをする必要はありません。七五三、入学祝いなどは、相手からお祝いをいただいていても、必ずお返しが必要とは限りません。お礼状などで感謝の気持ちを伝えれば十分な場合もあります。

 

お祝い返しとして内祝いを贈るなら、できるだけ早い時期にしましょう。数週間から1ヶ月以内に送るのが一般的なマナーです。出産祝いのお返しなら、思うように体を動かすことができない時期なので、無理は禁物。動けるようになってからでも問題ありません。誰かに頼む、ネットを利用するのもおすすめです。

 

内祝いに適した品物

お返しなら、いただいた金額の半額以内の品物が相場です。形に残るものよりも、お菓子やお茶、缶詰や瓶詰めなど食品が無難でしょう。子どもの名前を入れた品物は、使いにくい場合もありますし、相手の好みもあります。カステラなどに名前を入れてくれるサービスもあるので、名前を入れたい場合は検討してはいかがでしょうか。

 

お祝い返しとしての内祝いは、タイミングを逃さないことが大切です。事前に何を贈るか、ある程度調べておきましょう。

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-14掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

退院後の生活!赤ちゃんと自分のために家事はどこで手を抜く?

   病院での生活を終えて、赤ちゃんとの新しい生活をスタートするのは楽しみな反面...

産後の骨盤・股関節はいつもと違う…実は産後は骨盤・股関節の矯正のチャンスなんです!

女性は自然分娩で出産をすると、骨盤が開いてしまうので、産後にしっかり引き締めを...

産後の体験談

妊娠・出産を経ての身体の変化(身体のライン、妊娠線)

妊娠前は、わりと細身だったのですが、妊娠中に13キロ太り妊娠線もかなりできてしまいました。また、産後...

離乳食開始!椅子はどれを選ぶ?

生後5ヶ月から始まった息子の離乳食。 離乳食を始めるにあたり、必要になるのが椅子です。 ハイ...

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る