カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ホームケア >
  4. 汗かき赤ちゃんのあせもの理由と対策

育児

汗かき赤ちゃんのあせもの理由と対策

 

あせもとは汗のかきすぎで起きる湿疹です。
赤ちゃんにはよくあせもが見られます。


●赤ちゃんのあせもの理由


赤ちゃんは発汗量が多いです。
実際の発汗量は一般的な成人の発汗量とそれほど違いはありませんが、赤ちゃんは体が小さいです。
なので、1平方センチメートルあたりの発汗量は赤ちゃんの方が多くなってしまいます。
また、赤ちゃんは体温調節がうまくないことから、小さな気温の変化にも反応しやすいようです。


●赤ちゃんのあせも対策


赤ちゃんのあせも対策の基本は、大人のあせも対策と変わりありません。
こまめに体を拭く汗で服が汚れたらすぐに着替えさせます。
体を拭くときには目の細かいガーゼ素材などを使うとよいでしょう。
バスタオルでもなるべく肌触りのよいものを選んでください。
また、皮膚はふやけすぎると汗腺が詰まってしまいます。
あせもを作りやすい環境になるので、お風呂やシャワーに入れすぎないことも大切です。


●あせものかゆみ


大人でもなかなか耐え難いあせものかゆみは、赤ちゃんにはもちろん耐えられません。
あせもがひどいときには、寝ながら掻いたりしてしまう赤ちゃんもいます。
かゆみを抑えるためには患部を冷やすという方法があります。
保冷剤をタオルにくるんで患部に当ててください。
また、爪を切って赤ちゃん用の手袋をすることも大切です。
手袋があれば患部を引っ掻こうとしても傷はほとんどつきません。

 

(Photo by http://www.ashinari.com/2011/07/13-348396.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ホームケアに関する記事

増加傾向にある!?高熱と舌のぶつぶつが特徴的!0~4歳にみられる川崎病

正式名称が「小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群」という「川崎病」。原因不明の熱...

発熱や熱性けいれん!救急にかかるべき危険な症状の見分け方

お子さんが発熱したとき、家での看護でよくなる状態か、危険な症状へとつながる要...

ホームケアの体験談

マッサージ× 綿棒刺激× 便秘薬△ 治らない赤ちゃんの便秘

長女に続き、三女が生まれながらにして便秘体質でした。 長女は綿棒刺激でなんとか出ていたのですが、三...

あれが原因?!あかちゃんの初めての発熱

一人目の子供は丈夫だったのか過保護すぎたのか1歳になるまで高い熱を出す事はありませんでした。 おか...

カラダノートひろば

ホームケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る