カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 検査・症状・報告 >
  5. 検査について無関心になっていませんか?妻が受けている妊娠初期の血液検査…こんな意味がある!

妊娠・出産

検査について無関心になっていませんか?妻が受けている妊娠初期の血液検査…こんな意味がある!

妻が妊娠すると、産婦人科に頻繁に行くようになり様々な検査結果が出ます。こうした検査の結果について、プレパパがちんぷんかんぷんではいけません。しっかりと検査結果についても最低限の知識を持っておくことが重要です。では、妊娠初期における血液検査では具体的にどのような点を理解しておけば良いのでしょうか。

 

1 血液の基本的な成分を調べる血液検査

血液検査では血算として、血液の基本的な成分について調べます。この中には赤血球、白血球、貧血、血小板が含まれます。この中で、産婦人科の先生が特に注意して調べるのが貧血です。女性は男性と比べても貧血にかかる人が多いだけではなく、妊娠をすると体内の水分量が増えることによって、より貧血リスクが高まります。そのため、妊娠初期から貧血がひどい場合には、赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす可能性があるのです。

 

2 貧血は分娩時にも大きな影響を及ぼす

貧血は子供の成長ばかりではありません。分娩時には大量の出血が伴うということをプレパパも覚えて起きましょう。もともと貧血気味な妊婦が分娩時に大量出血をすると危険です。そのため、貧血の程度が軽いうちに症状を改善するなど対処が可能なので、検査を通じて早めに把握しようとするのです。

 

3 血小板もまた大事な指標

他には血液検査を通じて血小板の値をみます。血小板が低下している場合、妊娠中毒症という病気の可能性があるからです。妊娠において胎盤が剥離してしまうといった重大な合併症が発生してしまった場合には、血小板が大量に消費されるので、血液検査でわかるのです。

 

以上のように、血液の基本的な成分を見るだけでも、妊婦の体の状態そして今後の妊娠・出産におけるリスクを想定した早め早めの対処をとることができるのです。

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・症状・報告に関する記事

妊娠検査薬はいつからできる?妊娠超初期の判定!

「生理が少し遅い気がする」 「排卵日付近に避妊をしない性交渉があった」 ...

妊娠がわかったら~会社や友達への報告のタイミングと手段は?

  妊娠がわかったらいずれ周囲の人達へ報告することになるでしょう。身内以外の職場...

検査・症状・報告の体験談

女の子希望!赤ちゃんの性別が分かってからの旦那の変化

妊娠6ヶ月の検診で、性別が分かりました。 女の子です。 主人は男系の血筋なので、女の子が欲しいけ...

妊娠中の通院にパパは連れて行くべき!?

妊娠するとママは日に日に変わっていく自分の身体や通院のエコーで見れるお腹の赤ちゃんの動きを見る事がで...

カラダノートひろば

検査・症状・報告の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る