カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 妊娠中のサポート >
  5. 知らず知らずのうちに言っていませんか?妊娠中のプレママに言ってはいけないNGな言葉

妊娠・出産

知らず知らずのうちに言っていませんか?妊娠中のプレママに言ってはいけないNGな言葉

男性はどうがんばっても妊娠、出産はできません。そのため、なかなか頭では理解していても、自分の妻が妊娠して辛そうにしているときも、不用意な発言でイライラさせてしまうことがあります。

プレパパとして、妊娠中のプレママに言ってはいけないことにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

辛い理由、しんどい理由はあまり聞かないほうが良い

妊婦の多くは妊娠初期のつわりをはじめ、イライラする理由がホルモンバランスの変化などにあるということはある程度把握しています。これは女性の体の特徴上、自然に発生するもので、何か理屈で説明しきれるものではありません。

 

理詰めで話をしようとするプレパパはこの点に注意が必要です。「どうしてしんどいの?辛い理由は何?」などと聞いても、きれいな因果関係を伴った答えがない以上、プレママはさらにイライラするだけです。

 

むしろ、辛いなか出産に向けてがんばっている奥さんに感謝の気持ちを述べて、家事など手伝えることを率先してやってあげましょう。

 

 

知らず知らずのうちにネガティブ発言していませんか?

出産は始めての妊婦には恐怖と希望が入り混じった存在です。ですから、妊娠・出産を平穏なものにしたいにもかかわらず、無神経に出産や子供に関してネガティブな発言をするプレパパが散見されます。

 

「子供が生まれると週末のサッカーがいけなくなるなぁ」とか、「もう少し二人の生活を楽しみたかった」などの発言は、妊婦をひどく傷つける可能性があるので注意しましょう。特に、妻の妊娠によって不安を感じる男性はこうした発言をしがちです。

 

 

妊娠中は妊婦は出産というゴールに向かって一緒に歩んでくれる存在が必要で、それがプレパパの役割でもあります。自分が上記の発言を知らず知らずのうちにしていないか、今一度思い出してみましょう。

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠中のサポートに関する記事

妊娠中~産後にパパにして欲しかったこと第一位は?産後クライシス予防にも

現在、メディアでは『産後クライシス』という言葉が良く使われますが、産後クライ...

妊娠中のママはどの家事を代わってもらうのが嬉しい?妊娠してつらくなることから考えよう!

  自分の奥さんが妊娠したらどんなことを手伝ったらよいと思いますか?家事すべてを...

妊娠中のサポートの体験談

【切迫流産】安静もままならぬ夫婦喧嘩のあれこれ…

妊娠中は5カ月以上、寝たきり生活を送っていましたが、その間は全て自宅での安静だったので、家族の手助け...

どんどん育つ”パパ意識”!赤ちゃんを迎える為に行っていること

*パパだって待ち遠しい!*  日々、体調の変化で赤ちゃんの存在を感じている私たち。 私も悪阻はほ...

カラダノートひろば

妊娠中のサポートの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る