カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. その他 >
  5. 共働きで急上昇中?家事ハラの現状とは?家事ハラを受けたことがある夫はおよそ7割もいる!

妊娠・出産

共働きで急上昇中?家事ハラの現状とは?家事ハラを受けたことがある夫はおよそ7割もいる!

 最近「家事ハラ」という言葉を聞いた人も多いのではないでしょうか。今や共働き世帯の増加とともに、男性が育児だけではなく家事労働も妻と共同で行うのが当たり前になってきた中で、新しい問題として浮上してきたのが「家事ハラ」なのです。

 

1 家事ハラとは何か?

家事ハラとはもともとジャーナリストで和光大学の教授である竹信三恵子氏が、自身の著書に「家事労働ハラスメント」というタイトルをつけたのが最初です。しかし、この著書の中では家事ハラは家事労働を担う人々を蔑視したり排除したりしようとする様々な社会の制度や仕組みなどによる嫌がらせを家事ハラと呼んでいました。

 

しかし、ここで注目したい家事ハラは、そうした社会や職場などを問題にしたものではなく、夫婦間における主に妻から夫に対するハラスメントを指します。

 

2 家事ハラとは具体的にどのようなものか

上記の理解で、家事ハラをより具体的に見ていくと、夫が家事に対して意欲はあるものの、行った家事の内容について妻の期待値よりも低いまたは異なることで、夫に対して文句や不満を言ってしまい、夫のこうした家事労働に対する意欲を減退させること、と定義することができそうです。

 

3 家事ハラを受けたことがある夫はおよそ7割もいる!

旭化成ホームズの「共働き家族研究所」の行った調査によれば、子育て中の共働き夫婦において、夫が家事に参加する割合は9割を超えていて、その中で家事ハラを受けた夫の割合が頻度を除外するとおよそ70%いることが判明しました。

 

このように家事ハラはもともとの意味から、夫婦間におけるハラスメントの意味で使われることが多く、これが現在広く使われており、多くの夫が何らかの形で家事ハラを受けていると感じていることがわかったのです。

(参考:旭化成ホームズ 2014年7月14日付 ニュースリリース

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

妊娠中には突然の入院の可能性もある!そんなとき、パパはきちんと家のことができますか?

  妊娠してから出産まで、何もトラブルに見舞われなければ、出産までに入院すること...

産後のお手伝いは実家に任せる!?奥さんにとって、お姑さんの手伝いは"NG"です

出産直前から出産直後、子育てに入るまで奥さんは体力的にも精神的にも大変です。...

その他の体験談

パパという名の子供

妊娠をして一番そばにいてくれるのが旦那さん。でも、男だもの。妊娠中の辛さ、出産の痛み、出産後の大変さ...

夫は、パパの実感持ってほしいですよねぇ!

赤ちゃんが生まれるってことは、私がママになって、夫がパパになるってことじゃないですか。 でも、うち...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る