カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 費用・助成金・給付金 >
  5. パパも理解しておこう!妊娠中はどのくらいの費用がかかる?出産費用以外にもかかる費用とは

妊娠・出産

パパも理解しておこう!妊娠中はどのくらいの費用がかかる?出産費用以外にもかかる費用とは

奥さんの妊娠で自身も嬉しい気持ちで一杯になりますが、奥さんの妊娠を知った時点で妊娠・出産にいったいどれだけの費用がかかるか知っているパパは知らないのではないでしょうか。

では、一般的に妊娠・出産にどのくらいの費用がかかるのか、見ていきましょう。

 

 

妊娠中にはどのくらいの費用がかかる?

一般的に妊娠中にはおよそ20万円以上の費用がかかると言われています。こうした費用は大きくわけて以下の3つに分けることができます。

 

 

妊婦健診の費用

妊娠すると定期的に産婦人科に行って妊婦健診を受けなければいけません。通常妊娠してから出産までの間に約10回から13回程度、妊婦健診として血液検査や超音波検査など、様々な形で検査を行い、妊婦自身とお腹の中の赤ちゃんの状態について確認しなければいけません。これらの費用の合計は約10万円になります。

 

 

マタニティ生活・用品に対する費用

妊婦になると当然女性の体型も変わってきます。お腹が大きくなってくると女性は今まで来ていた服は着られなくなってしまいます。そのため、マタニティ用の服やパジャマなど必要になります。

 

さらに妊娠中にはマタニティヨガなど、妊婦生活をより快適なものとするために必要なアクティビティにもある程度のお金がかかるでしょう。これらは合計で3-5万円程度かかると見たほうが良いでしょう。

 

 

出産準備用品の費用

出産準備用品とは出産後家に帰るとすぐに必要となるものが中心となります。母乳で育てる場合には、母乳に関連したグッズが必要ですし、粉ミルクで育てるのであれば粉ミルクを買わなければいけません。

 

また赤ちゃんの沐浴のためのグッズも必要ですし、おむつや赤ちゃんの服、赤ちゃんのお手入れのための綿棒や爪きりも必要です。このように、出産準備用品をそろえると7-10万円かかります。

 

 

以上のように、出産費用そのものを含まなくてもこのぐらいのお金がかかります。この点はパパもしっかりと理解しておくと良いでしょう。

 

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

費用・助成金・給付金に関する記事

イクメンブームでどうなってる? 男性の育児休暇の実際について

イクメンブームが叫ばれる昨今、男性に向けた育児の情報も以前よりも多く発信され...

検診の費用が大幅に軽減する助成金制度を利用しよう!

妊娠していることがわかったら、定期的に検診を受けていくことになります。1回あたり...

費用・助成金・給付金の体験談

ちょっと悲しかった夫の発言

愚痴になりますが・・・。ちょっと愚痴になりますが、主人に言われた言葉に悲しい気持ちになりました。 ...

カラダノートひろば

費用・助成金・給付金の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る