カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 費用・助成金・給付金 >
  5. パパとして出産育児一時金をもらうプロセスを正しく理解しよう 直接支払制度と受取代理制度

妊娠・出産

パパとして出産育児一時金をもらうプロセスを正しく理解しよう 直接支払制度と受取代理制度

出産に関する費用の多くは出産育児一時金によってカバーされます。しかし、パパとして具体的にどのような方法で出産育児一時金の支給を受ければ良いのか、正しく理解しておきましょう。

 

1 出産育児一時金とは

健康保険法では、国民健康保険や健康保険などの被保険者や被扶養者が出産した場合に、出産にかかる経済的な負担を軽減するために、およそ40万円が支給されます。これが出産育児一時金制度です。

 

2 支給額は42万円か39万円

出産育児一時金制度によって支払われる金額は42万円です。しかし、産科医療補償制度の加算対象出産ではない場合は39万円となります。

 

3 支払い制度には2種類あります

出産育児一時金制度による支払いは、パパやママ本人に支払われません。

しかしこれらは2つの方法によって、パパやママが費用を支払う必要がないのです。

 

直接支払制度とは

直接支払制度を採用した場合には、出産育児一時金の請求と受け取りを妊婦などの代わりに医療機関に行ってもらう制度です。

これによって一時金は直接その医療機関に支払われますので、退院する際には窓口でかかった出産費用からこの一時金を引いて超えた分のみを支払えば良いことになります。

この方法を採用する場合、パパやママは何もする必要はありません。

しかし、医療機関によってはこうした請求の事務手数料を徴収するところもありますので、事前に必ず確認しておいたほうが良いでしょう。

 

受取代理制度とは

受取代理制度では妊婦などが自分達が加入している健康保険組合などに出産育児一時金を請求します。

その際に出産をする医療機関に受取りを委任します。これによって医療機関が直接一時金を受取ることができ、結果としては直接支払制度と同じになります。

 

以上のように、支給の方法には2種類あるので、どちらで行うかきちんと決めておくことが重要です。

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

費用・助成金・給付金に関する記事

産後に忙しいママに変わってパパがすべきコト☆出産後15日以内に申請する、児童手当

  子どもが生まれてから、パパは赤ちゃんと触れ合っていくことで父親であることの実...

妊婦の定期検診は何回行くの?お金はかかるの?出産までの自己負担額を知りたい!

産婦人科で妊娠が確認されたら、赤ちゃんの成長状況や妊婦さんの体調の確認をするた...

費用・助成金・給付金の体験談

ちょっと悲しかった夫の発言

愚痴になりますが・・・。ちょっと愚痴になりますが、主人に言われた言葉に悲しい気持ちになりました。 ...

カラダノートひろば

費用・助成金・給付金の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る