カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. もう毒キノコのカエンタケってどんなキノコ?触ると?食べると?どんな症状が出るの?

気になる病気・症状

もう毒キノコのカエンタケってどんなキノコ?触ると?食べると?どんな症状が出るの?

 

今日本の各地で目撃されている、「カエンタケ」という猛毒のキノコを知っているでしょうか。毒キノコというと、食べると食中毒症状が出るというイメージかと思いますが、カエンタケは触るだけで炎症を起こすという、猛毒のキノコなのです。

 

各地で発見されているもう毒キノコ

日本の各地で、猛毒のカエンタケが見つかっており、注意が呼びかけられています。

現在見つかっている場所は

 

奈良県の生駒山録

山形県の山形市と山辺町にまたがる森の周辺

京都府の京都森事務所管内

 

といった場所で発見されています。また、これは今年ではありませんが2012年には東京都の八王子市でも目撃されています。

 

カエンタケってどんなキノコ?

キノコというと、しいたけのように、柄の部分と傘の部分に大きく分かれている構造が思い浮かぶと思います。

しかし、カエンタケはそうした一般的に想像するキノコの構造とは違い、「棒のような形状」を持っています。一見するとキノコと判断できないかもしれません。棒のような円柱状の形が一本だけ生えていることもありますし、手のような形になって生えていることもあります。

これが、ブナやコナラといった広葉樹の近くて、土から直接生えています

また色は非常に鮮やかなオレンジや赤色です。

群生していることもありますし、一つだけ単独で生えることもあります。

 

触ったらどうなる?

美しいものには毒があると言いますが、まさにこのカエンタケの美しさに騙されてはいけません。冒頭にも書いたように、カエンタケは触れるだけでもその毒の猛威をふるうことがあります。

実際に触っただけでも、炎症を起こすことがあるのです。特に、カエンタケの中から出る液に触れることで、ただれといった症状が出るようです。

 

食べたらどうなる?

カエンタケの致死量は3gとされています。

食べてしまうと、摂取してから10分~30分ほどで

 

発熱

腹痛

嘔吐

下痢、

足のしびれ

 

といった、全身症状があらわれます。そこから症状が進むと、

 

呼吸困難

呼吸器不全

消化器不全

運動障害

言語障害

脳神経障害

多臓器不全

 

といった重症な症状が引き起こし、最悪の場合には死亡するケースもあります。

 

 

秋は、キノコ狩りなどで山の中に入る機会も増えます。そのとき、もしかしたらお子さんなどは、きれいで珍しいカエンタケに触ってしまうかもしれません。うっかり触れてしまわないこと、そして子どもが興味本位で触ってしまわないことに注意しましょう。

 

 

(参考:厚生労働省HP「カエンタケ」

 

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食中毒に関する記事

小麦を自分で作る場合は要注意!小麦で起こる赤かび病の危険性について

    小麦においては、栽培中に発生する赤かび病というものがあります。普通は...

食中毒は夏だけじゃない!油断してませんか?秋ならではの食中毒…○○には注意!

食中毒と言えば、なんとなくではありますが、夏に起きやすいというイメージを持って...


食中毒のリスクが高い夏は特に注意しよう!お弁当を作る際の注意点

夏は食中毒のリスクが高い季節です。子供やお父さん、自分のためにお弁当を作る場...

夏のお弁当には要注意!食中毒予防で弁当を作る前にしておきたいこと

夏の食中毒の原因になるもののひとつがお弁当ですが、きちんと注意すれば食中毒は...

カラダノートひろば

食中毒の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る