カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. その他内臓 >
  5. 子どもの皮膚にあざ!?蒙古斑もその一つ!「血管腫」について知ろう!

育児

子どもの皮膚にあざ!?蒙古斑もその一つ!「血管腫」について知ろう!

血管腫は血管が集まる、増えるという症状を持つ病気です。

 

●子どもの血管腫

子どもにはよく血管腫が見られます。皮膚にできたあざのようなもので、色は紫色からピンクまでさまざまです。

 

血管腫はそのほとんどが子どもの場合は良性ということで知られています。自然に小さくなることもあれば、治療が必要な場合もあるので、まずは病院で検査や診察を受けてください。

 

●あざタイプの血管腫

あざのように見える血管腫で赤色のものを正中母斑と呼びます。サーモンパッチと呼ばれる薄いピンクのあざタイプの血管腫は先天性のものですが、3歳くらいまでに自然消失することがほとんどです。

 

同じように先天性のあざタイプの血管腫には、単純性血管腫というものがあります。こちらはサーモンパッチと異なり自然消失はしないので、顔や腕など目立つ部分に大きな単純性血管腫がある場合は、レーザー治療であざを消します。

 

●海綿状血管腫と血管内皮腫

海綿状血管腫、血管内皮腫などはあざタイプの血管腫とは異なり、合併症を引き起こします。あざタイプの血管腫よりも重篤な影響があるため、薬剤や放射線による治療を行います。

 

●蒙古斑も血管腫?

蒙古斑も血管腫の一つです。東洋人の乳児であれば、ほとんどが蒙古斑を持っているので特に心配は要りません。一般的には5歳くらいまでに自然消失すると言われています。 

(Photo by http://www.ac-illust.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他内臓に関する記事

子どもに増えてきている胃潰瘍・十二指腸潰瘍…どんな子どもに起こる?どんな症状がある?

  胃潰瘍や十二指腸潰瘍はストレス社会で戦う大人の病気の印象があるかもしれませ...

子どもの第二次性徴が来ない?!性ホルモンに異常があるかも

男女の違いがはっきりしてくる13-14歳頃に盛んに分泌されるのが性ホルモンです...

病気と症状の体験談

脂漏性湿疹のケア~保湿が大切、私が使った保湿剤

1ヶ月過ぎたあたりから、赤ちゃんのおでこや眉毛部分に黄色いかさぶたが付着するようになりました。 ...

RSウイルスで入院

入院中(>_<)生後すぐ、まさかの入院出産し、晴れて母子共に退院してから数日後…生後10日くらいで、...

その他内臓の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る