カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 虫刺された >
  5. クラゲ >
  6. 海に生息する危険な生物に注意!クラゲに刺されたらどうなる?場合によっては重篤な症状も…?!

育児・子供の病気

海に生息する危険な生物に注意!クラゲに刺されたらどうなる?場合によっては重篤な症状も…?!

海は様々な生物が生息しており、中には海水浴客を楽しませてくれるものがありますが、逆に人間にとって危険な生物が潜んでいることも忘れてはいけません。

 

では、具体的に危険な生物としてクラゲの特徴について見ていきましょう。

 

クラゲの特徴とは

クラゲは体がゼラチン質で出来ていて、海水中を浮遊している生物です。日本の海岸では夏から秋にかけて多く発生するという特徴があります。

 

クラゲに刺されたらどうなる?

クラゲに刺されると強い痛みを感じます。たとえるならば電気が走ったような痛みです。刺されるとすぐにこうした強い痛みを感じるので、すぐに刺されたことに気づきます。刺された後も。電気が走っているような痛みが継続します。

その後、刺された部分が熱を持って腫れてきます。この腫れは赤紫色のミミズ腫れのような特徴があります。

 

痛みの後は?

電気が走ったような痛みはしばらくすると引いてきます。その代わり、鈍い痛みが代わりに発生し、合わせてかゆみも発生します。

 

場合によっては重篤な症状もあらわれます

クラゲの中には猛毒をもつハブクラゲやカツオノエボシと呼ばれるものがあります。これらに刺されてしまうと、呼吸困難や全身麻痺といった重篤な症状が現れる可能性があり、場合によっては死亡するケースも報告されています。

 

症状を注意深く観察し、ひどいようであればできるだけ早めにお医者さんに診てもらった方が良いでしょう。

 

クラゲは特にサーフィンやスキューバダイビングなどマリンスポーツを行っている人も刺される可能性が高いので注意が必要です。

しっかりと上記の点を理解した上で、適切な処置を行っていきましょう。

(Photo by:足成

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

クラゲに関する記事

9月ごろは特に要注意!強力な毒をもつクラゲに刺された時の対処方法は?

   日本の周辺の海には、アカクラゲ、アントンクラゲ、カツオノエボシ、ハブクラゲ...

絶対にダメ!!クラゲに刺されたら、絶対にやってはいけない3か条

夏は海水浴の季節!地元に帰省して・友人たちと・家族親族皆で…夏の海で楽しい思い...

ケガ・応急処置の体験談

ハイターを!?動き出した0歳児は何するか分からない!?

先日8か月の次男がキッチンハイターを棚の奥から勝手に取り出してきて倒してひっかぶるという事件が......

1歳4カ月で初めての”ひきつけ”

1人でどこへでも歩いていけるようになって頼もしくなってきた矢先、初めてひきつけを起こしました。 ...

カラダノートひろば

クラゲの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る