カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 予防接種 >
  4. 2012年9月から不活化ワクチン導入!ポリオの予防接種をしよう

育児・子供の病気

2012年9月から不活化ワクチン導入!ポリオの予防接種をしよう

  

2012年9月から、ポリオワクチンが変わりました。ポリオワクチン接種の方法や、種類について説明します。

 

ポリオワクチンで予防できること

ポリオウイルス感染による、ポリオ発症を防ぎます。ポリオに感染しても大部分の人は無症状です。しかし、発熱や頭痛など風邪に似た症状が現れることも。消化管から入ったポリオウイルスが神経を侵し、手足が麻痺する恐れもあります。ポリオワクチンによって、免疫を獲得することが予防に有効です。

 

ポリオワクチンの種類

2012年9月から、不活化ポリオワクチンが導入されました。これは、ワクチン製造の過程でウイルスの毒性が完全に失われたワクチンです。それまで使用していた生ワクチンには、ポリオ発症や周囲の人へのポリオ感染のリスクがありました。不活化ワクチンに切り替えたことで、発症リスクがなくなりました。

 

接種時期・回数

生後3ヶ月から接種可能です。接種回数は、合計4回。不活化ワクチンの場合は3~8週間のペースで3回接種し、3回目接種の6ヶ月から1年後に4回目を接種します。

 

四種混合との関連

2012年にポリオワクチンの種類が変わったことで、接種方法も変わりました。以前は経口接種していたポリオの生ワクチンですが、不活化ワクチンに切り替えたことで「四種混合」として接種できるようになりました。これは、いままでの「三種混合(DTP)」にポリオワクチンを加えたものです。

三種混合とは別に、単独でポリオの不活化ワクチンを接種することもできます。2012年のワクチン切り替えにより、ポリオの生ワクチンを数回接種していた人、三種・四種混合などが分かりづらくなりました。接種回数などは医師に相談しましょう。不活化ポリオワクチンの接種から6日以上間隔をあければ、他のワクチンも接種できます。

 

日本ではポリオが根絶されましたが、海外からウイルスが持ち込まれる可能性もあります。四種混合として接種しやすくなったので、ワクチンでしっかり予防しましょう。

 

(Photo by:足成 )//www.ashinari.com/2013/09/17-382097.php?category=51

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防接種に関する記事

低体重児・未熟児…小さく生まれた赤ちゃんの予防接種で変わることはあるの?

低体重児・未熟児として生まれてしまった小さめ赤ちゃん。場合によっては入院が必要...

四種混合ってどんな予防接種? ワクチンで予防できる病気…接種のタイミング…疑問を解決!

2012年11月からスタートした定期接種、四種混合ワクチンについてご存知でしょ...

予防接種の体験談

生後2か月 初めての予防接種 任意はどうする?

赤ちゃんが産まれて、こんなに予防接種の回数が多いとは思っていませんでした。 正直、かなり面倒くさい...

注射の痕が赤い>< これって大丈夫??

生後2ヶ月くらいから、予防接種ができるようになり、我が子も順番に行っていました。 初めての予防接種...

カラダノートひろば

予防接種の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る