カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 秋は「妊娠の季節」? 妊娠する人が多い秋…?流産する人が少ない秋?

妊娠・出産

秋は「妊娠の季節」? 妊娠する人が多い秋…?流産する人が少ない秋?

「秋に妊娠する妊婦さんが多い」というのを聞いたことがあるでしょうか。秋に妊娠するということはつまり、翌年の7月~8月に生まれる赤ちゃんが多いということです。周りを見渡してみて、実際に夏生まれの人は多いでしょうか?

 

秋に妊娠する人が多いのは本当?

秋に妊娠する、つまり7~8月あたりに生まれる赤ちゃんというのは、本当に多いのでしょうか。

日本における統計を調べる機関である、総務省統計局のデータによると、昭和50年ごろから7月~8月生まれの赤ちゃんが増えてきているのだそうです。

 

人間にも繁殖期があるということ?

動物には繁殖期があり、その時期になると生殖行動が活発になります。ですが、人間においてこれはちょっと考えにくいように感じます。

どちらかというと繁殖期というはっきりとした言葉よりは、「妊娠のために体が整いやすい季節」という可能性を考える方が、自然かもしれません。人も多くの動物と同じように、季節の変化に合わせて体の状態を変えているものですから、その可能性もなくはないのです。

 

流産する確率が低くなるという可能性も

藤田保健衛生大学の中沢和美教授が行った調査があります。

妊婦約2800人のデータを追跡したところ、10~11月頃に妊娠した妊婦は、流産する確率が低くなるという結果が得られました。

10~11月に妊娠した人の流産率だけが、いずれも7%程度で、他の月の16~22%と比べると、非常に低いことが示されました。

ただし、このデータは1病院の実の追跡データであり、一般的にこうした傾向があるとまでは断言できないようです。

 

 

明確に秋に妊娠することが、妊娠しやすい・出産しやすいということが、証明されたわけではありません。それでも過ごしやすい季節ではありますし、夏や冬のように気候的な問題、新生活が始まる春のような精神的な負担がなく、一番リラックスしやすい季節と言えるのかもしれません。

 

(参考:総務省統計局「生まれ月別の人口」)

(参考:妊娠しやすいカラダづくり「10~11月の妊娠は流産率が低い」)

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊活に関する記事

基礎体温の「高温期」は何度から?高温期に起こりやすい身体の変化・トラブル

基礎体温をつけていると、体温が高温・低温と変動することがあります。それぞれの...

手軽に記録したい!基礎体温のおすすめ厳選アプリ4選!らくらく自動転送体温計も紹介します♪

基礎体温が大切なのはわかっているけれど、毎日記録するのが面倒…と思う人は多い...

妊活の体験談

排卵日を計算して仲良し!男女の産み分け

我が家には男の子と女の子の二人きょうだいがいます。 私の姉には男の子ふたりがいます。 私の姉はど...

不妊治療をしてやっとできた一人目。二人目は普通の夫婦生活で

出産から子育てにバタバタで二人目なんて考える余裕がなかったんですが娘が1歳に近づくにつれてだんだん二...

カラダノートひろば

妊活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る