カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 予防接種 >
  4. 四種混合ってどんな予防接種? ワクチンで予防できる病気…接種のタイミング…疑問を解決!

育児・子供の病気

四種混合ってどんな予防接種? ワクチンで予防できる病気…接種のタイミング…疑問を解決!

2012年11月からスタートした定期接種、四種混合ワクチンについてご存知でしょうか?

四種混合ワクチンとは、従来のジフテリア、百日咳、破傷風に対する予防接種である三種混合ワクチンに不活化ポリオワクチンを混合したワクチンです。

 

ここでは、以前の三種混合とはどこが違うのか、おすすめの接種時期などをご紹介します。

 

四種混合で予防できる病気

四種混合ではジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオを予防することができます。三種混合は、前述のうちポリオを除いたものでした。三種混合にポリオが加わったものが、四種混合です。

 

四種混合のうち感染力が強く、流行しやすいのが百日せきです。

百日咳は短く乾いた咳がひたすら連続して出ます。呼吸をしづらくなるのでとても苦しく、無呼吸を起こすこともあります。そして無呼吸によって低酸素脳症やけいれんにいたる危険もあります。

 

新生児にも感染のリスクがあり、生後半年以内の感染は重症化する可能性が大きいでしょう。できるだけ早く予防接種を受けたい病気です。

 

四種混合のメリット

1度に4つの予防接種を済ませることができるので、子どもの負担が軽くなります。

つまり、混合ワクチンのため、注射回数が減るメリットがあります。多くの子どもが嫌がる注射の回数が減るのは、病院に連れて行くお母さんも助かるのではないでしょうか。

 

また、四種混合にプラスされたポリオワクチンは、いままでの生ワクチンではなく不活化ワクチンです。

不活化ワクチンは毒性が失われているので、生ワクチンで発生したポリオ感染の心配は不要です。

 

接種時期・回数

1期と2期に分かれています。

・1期

計4回接種します。まず3~8週間隔で3回接種し、3回目の半年~1年後に4回目を接種します。生後3ヶ月から接種可能です。

前述のように百日せきのような恐ろしい病気を予防できるので、生後3ヶ月を過ぎたら、すぐに1回目を受けましょう。追加接種や他の予防接種との兼ね合いからも、早めの接種をおすすめします。

 

・2期

11歳になったら、二種混合(ジフテリアと破傷風)を追加します。

 

副反応

接種した部分が赤くなる、腫れる、固くしこりになるといったケースがあります。多少の腫れなら問題はありません。腕全体が腫れるような場合は、すぐに受診してください。

 

接種スケジュールや、同時接種できるワクチンなどは医師に相談しましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防接種に関する記事

低体重児・未熟児…小さく生まれた赤ちゃんの予防接種で変わることはあるの?

低体重児・未熟児として生まれてしまった小さめ赤ちゃん。場合によっては入院が必要...

ヒブワクチンってどんなワクチン?知っておきたい子どもの予防接種!

子どもの予防接種のうち、できるだけ早く接種しておきたいのがヒブワクチンです。...

予防接種の体験談

生後2か月 初めての予防接種 任意はどうする?

赤ちゃんが産まれて、こんなに予防接種の回数が多いとは思っていませんでした。 正直、かなり面倒くさい...

注射の痕が赤い>< これって大丈夫??

生後2ヶ月くらいから、予防接種ができるようになり、我が子も順番に行っていました。 初めての予防接種...

カラダノートひろば

予防接種の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る