カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 胸部 >
  5. 小児喘息 >
  6. 喘息のお子さんがいるご家庭は注意!喘息は秋に悪化する!部屋の環境を整えましょう

育児・子供の病気

喘息のお子さんがいるご家庭は注意!喘息は秋に悪化する!部屋の環境を整えましょう

秋は喘息のシーズンと呼ばれています。元々呼吸器官が弱いお子さんは、1年のうちで最も秋に発作を起こしやすいという子も、多くいるようです。発作を起こす回数もさることながら、重い発作を起こすことも多くなるようです。

 

どうして秋は喘息のシーズン?

喘息などの呼吸器系の疾患は、秋に悪化することが多いと言われます。その理由は、以下のようなものがあると考えられています。

 

・気候の変化

秋は季節の変わり目にあたるところです。気温や気圧が変化することは、空気に深く関係する呼吸器にダイレクトに影響を与えます。

 

・アレルギー

喘息を誘発する因子としてあるのが、家ダニです。秋は1年の中でダニの死骸や糞といったものが、最も増える時期とされています。ダニなどが危険視されるのは夏ですが、これらの寿命は2~3ヶ月程です。そのため、夏に活動したダニが秋ごろに死骸や糞となって、室内に蔓延するのです。

 

・感染症

気温が低くなってくると、風邪ウイルスなどの感染症が流行してきます。そういった刺激は呼吸器に大きく影響するのは、言うまでもありません。

 

喘息患者が気をつけたいライノウイルス

ライノウイルスは健康な人にとっては、ただの鼻風邪のウイルスです。ですが、ぜんそく患者は大きな発作を起こしやすいウイルスです。

ライノウイルスはちょうどこの時期に流行するウイルスで、特にこのウイルスにダニなどのアレルギー要因が加わったときに、発作が重くなると言われています。

 

だから大事なダニ対策と感染症予防

気候の変動を変えることはできませんから、ダニと感染症といった要因を排除することが必要です。

ダニは特に、念入りな掃除によって排除することができます。部屋の掃除もそうですが、寝具の掃除、ぬいぐるみのダニ排除も必要です。

感染症対策には、やはり基本的なうがい手洗い、マスクといったことが必要です。また健康的な生活を心がけ、免疫力を高めておくことも大切です。

 

 

アレルギー体質だというお子さんや、喘息を元々持っているというお子さんがいる場合、秋に油断をするのは禁物です。悪化させてからではかわいそうですから、親御さんが環境を整えてあげましょう。

 

 

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

小児喘息に関する記事

プラスチック容器が関連!?子供の喘息発症の原因

近年、米大学の研究によると、子供の喘息発症には『幼児期の食事にプラ容器を使用す...

幼児の気管支ぜんそくの対処法!発作に負けない強いからだ作り♪

気管支ぜんそくとは、ヒューヒューゼイゼイといった咳や呼吸困難などを伴う病気で、...

小児喘息の体験談

子供の喘息について。

我が家の、長男君。 とにかくよく病気になってた…。 1ヶ月に何度仕事を休んだか。 1歳になるま...

カラダノートひろば

小児喘息の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る