カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 感染症 >
  5. 秋に起こりやすい赤ちゃんの「突発性発疹」…ママは慌てないで、冷静に対処を

育児・子供の病気

秋に起こりやすい赤ちゃんの「突発性発疹」…ママは慌てないで、冷静に対処を

秋に6ヶ月~2歳の子どもが特に注意したい感染症が、突発性発疹です。名前からは、「発疹」ですから皮膚にポツポツができるイメージが強いかもしれませんが、実際には「発熱」と「発疹」が特徴の病気です。

 

お母さんの免疫がなくなってかかる突発性発疹

6ヶ月を過ぎる頃というのは、お母さんからもらった免疫が少なくなる時期です。そしてその時期からかかりやすくなるのが、この突発性発疹です。

ヒトヘルペスウイルスの感染によって発症する感染症で、多くの場合で、赤ちゃんが初めて高熱を出す原因になります。

 

特徴的なふたつの症状「発熱」と「発疹」

先述のように、この感染症の特徴的な症状は「発熱」と「発疹」です。

 

発熱は、急性的に38度以上の高熱が出るのが特徴です。場合によっては、39~40度といったかなりの高熱が出ることもあります。この高熱が3~4日続いたのち、また急性的に熱が下がります。

 

一方発疹は、熱が下がると同時にあらわれます。赤く小さなポツポツが見られ、形状は赤い斑状であったり、丘疹状であったりします。発疹が出る場所は顔や銅といった場所で、口の中の扁桃のあたりに発疹が出ることもあります。この発疹は2~3日で見られなくなり、しばらくすればきれいに消えてしまいます。

 

このふたつがほとんどのケースで見られる症状ですが、これ以外の症状として、軽い下痢、咳が半数ほどで見られます。またそれよりも少ない割合ではありますが、首のリンパ節の腫れ、大泉門(髪の生え際夜少し上のブヨブヨした場所)の盛り上がり、けいれんなどが見られます。

 

高熱が出ているのに本人は元気なのが特徴

高熱が出るために、不機嫌にはなるのですが、子ども本人は割合元気なのが特徴です。

熱が下がれば何もなかったように、ケロッとしています。ただし、高熱からけいれん症状が出た場合には、病院で診てもらったほうがよいでしょう。

 

 

最初の高熱の段階では、風邪との区別がつかないこともあります。ですが、特別に治療をしなくても経過や予後は良好ですから、あまり心配しないでください。対処的に水分補給や冷却シートなどを使って、症状を緩和してあげましょう。

 

 

(Photo by:pixabay )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

アメリカで拡大中!日本でも油断はできない…子どもにだけ猛威をふるうエンテロウイルス

   お子さんがいると、エンテロウイルスというウイルスを聞いたことがないでしょう...

小児結核ってどんな症状?知っておきたい原因や特徴について

結核、という病気にどのような印象を持っているでしょうか? 小児結核となると、実...

感染症の体験談

突発性発疹やノロウイルス。子供たちがかかった病気

我が家の二人の娘たちがかかった病気について書いて行きたいと思います。 ほとんどの赤ちゃんがかか...

初めての感染症~知らなかったせいで2次感染か~

注:画像は感染症当時のものではありません。 初めての感染症は11ヶ月のときでした。その当時のこ...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る