カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 感染症 >
  5. 秋に起こりやすい赤ちゃんの「突発性発疹」…ママは慌てないで、冷静に対処を

育児・子供の病気

秋に起こりやすい赤ちゃんの「突発性発疹」…ママは慌てないで、冷静に対処を

秋に6ヶ月~2歳の子どもが特に注意したい感染症が、突発性発疹です。名前からは、「発疹」ですから皮膚にポツポツができるイメージが強いかもしれませんが、実際には「発熱」と「発疹」が特徴の病気です。

 

お母さんの免疫がなくなってかかる突発性発疹

6ヶ月を過ぎる頃というのは、お母さんからもらった免疫が少なくなる時期です。そしてその時期からかかりやすくなるのが、この突発性発疹です。

ヒトヘルペスウイルスの感染によって発症する感染症で、多くの場合で、赤ちゃんが初めて高熱を出す原因になります。

 

特徴的なふたつの症状「発熱」と「発疹」

先述のように、この感染症の特徴的な症状は「発熱」と「発疹」です。

 

発熱は、急性的に38度以上の高熱が出るのが特徴です。場合によっては、39~40度といったかなりの高熱が出ることもあります。この高熱が3~4日続いたのち、また急性的に熱が下がります。

 

一方発疹は、熱が下がると同時にあらわれます。赤く小さなポツポツが見られ、形状は赤い斑状であったり、丘疹状であったりします。発疹が出る場所は顔や銅といった場所で、口の中の扁桃のあたりに発疹が出ることもあります。この発疹は2~3日で見られなくなり、しばらくすればきれいに消えてしまいます。

 

このふたつがほとんどのケースで見られる症状ですが、これ以外の症状として、軽い下痢、咳が半数ほどで見られます。またそれよりも少ない割合ではありますが、首のリンパ節の腫れ、大泉門(髪の生え際夜少し上のブヨブヨした場所)の盛り上がり、けいれんなどが見られます。

 

高熱が出ているのに本人は元気なのが特徴

高熱が出るために、不機嫌にはなるのですが、子ども本人は割合元気なのが特徴です。

熱が下がれば何もなかったように、ケロッとしています。ただし、高熱からけいれん症状が出た場合には、病院で診てもらったほうがよいでしょう。

 

 

最初の高熱の段階では、風邪との区別がつかないこともあります。ですが、特別に治療をしなくても経過や予後は良好ですから、あまり心配しないでください。対処的に水分補給や冷却シートなどを使って、症状を緩和してあげましょう。

 

 

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

感染しやすい?!幼児の食中毒原因寄生虫「クリプトスポリジウム」感染について

プールや川遊びが大好きな子どもたち。子どもたちが楽しく遊ぶ川やプールには、クリ...

冬のお出かけ、感染予防で気をつけたいことは?

冬場に子どもを連れてのお出かけ。子どもの健康のために気を付けたいのはどのような...

感染症の体験談

3人目にして初めてのRSウィルス!!!

2か月ほど前、9か月になる長女がRSウィルスに感染しました。 低月齢の乳児がかかると細気管支炎...

初めての発熱、そして入院~尿路感染症~

子供が生まれて初めて発熱した時のおはなしです。初めての育児での子供が発熱長男が生後三ヶ月になるちょう...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る