カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 大人も子どももかかりやすい呼吸器疾患「急性気管支炎」の症状&対処法について

育児

大人も子どももかかりやすい呼吸器疾患「急性気管支炎」の症状&対処法について

呼吸器の感染症のうち、もっとも一般的なのが急性気管支炎です。子どもだけではなく、大人にとっても身近な病気です。もし子どもがかかった場合、すぐ対処できるように主な症状や対処法などを押さえておきましょう。

 

急性気管支炎の原因

主に、細菌やウイルスに感染して起こる気管支の炎症です。ウイルス感染が原因の大部分を占めます。ライノウイルス、インフルエンザウイルス、アデノウイルスによるものが多いといわれます。風邪から急性気管支炎に至るケースが目立ちます。

 

細菌感染による発症は稀ですが、黄色っぽい痰が長期間続くなら細菌感染を疑います。呼吸器に慢性疾患がある人は、急性気管支炎を起こすリスクが大きいでしょう。細菌感染の可能性も高まります。

ウイルスや細菌以外では、マイコプラズマやクラミジアによって発症することがあります。

 

急性気管支炎の症状

発熱、咳、痰が主症状です。高熱とともに、痰が絡んだようなゴホゴホという咳が繰り返し出ます。乳児はもともと気管支が細い上に、気管支炎の腫れによってさらに気管支の幅が狭くなります。

その結果、呼吸のたびにゼロゼロ、ゼーゼーと、ぜん息のような音がすることもあるでしょう。

 

熱や咳は長く続く傾向があります。単なる風邪だと思っていたら症状がなかなか治まらず、実は急性気管支炎だったというケースもあります。咳がひどいときは、早めの受診をおすすめします。

 

急性気管支炎の治療法

基本的には、対処療法を行いながら自然治癒を待ちます。重症でなければ、10日前後で回復するでしょう。投薬をする場合は、去痰剤、気管支拡張剤が用いられます。細菌感染による急性気管支炎なら、抗生物質を使うこともあります。

 

低月齢で呼吸困難を起こしている、ミルクなど水分を取れずに脱水症状の恐れがあるケースでは、入院治療をします。

 

家庭でのケアは、風邪とほぼ同じです。加湿器などで室内が乾燥しないようにしてください。食事は、のどごしがよいものを少しずつ与えましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳・鼻・口・喉に関する記事

乳幼児は発症しやすい!「急性鼻炎」の原因・症状・治療法

「急性鼻炎(きゅうせいびえん)」とは、いわゆる「鼻風邪」といわれる病気のこと...

先天奇形「口蓋裂」…手術のタイミング、術後の訓練…再手術はあるの?

普通上あごが裂けていることはありません。けれど、それが生まれつき起こるのが「...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る