カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 耳・鼻・口・喉 >
  5. 大人も子どももかかりやすい呼吸器疾患「急性気管支炎」の症状&対処法について

育児・子供の病気

大人も子どももかかりやすい呼吸器疾患「急性気管支炎」の症状&対処法について

呼吸器の感染症のうち、もっとも一般的なのが急性気管支炎です。子どもだけではなく、大人にとっても身近な病気です。もし子どもがかかった場合、すぐ対処できるように主な症状や対処法などを押さえておきましょう。

 

急性気管支炎の原因

主に、細菌やウイルスに感染して起こる気管支の炎症です。ウイルス感染が原因の大部分を占めます。ライノウイルス、インフルエンザウイルス、アデノウイルスによるものが多いといわれます。風邪から急性気管支炎に至るケースが目立ちます。

 

細菌感染による発症は稀ですが、黄色っぽい痰が長期間続くなら細菌感染を疑います。呼吸器に慢性疾患がある人は、急性気管支炎を起こすリスクが大きいでしょう。細菌感染の可能性も高まります。

ウイルスや細菌以外では、マイコプラズマやクラミジアによって発症することがあります。

 

急性気管支炎の症状

発熱、咳、痰が主症状です。高熱とともに、痰が絡んだようなゴホゴホという咳が繰り返し出ます。乳児はもともと気管支が細い上に、気管支炎の腫れによってさらに気管支の幅が狭くなります。

その結果、呼吸のたびにゼロゼロ、ゼーゼーと、ぜん息のような音がすることもあるでしょう。

 

熱や咳は長く続く傾向があります。単なる風邪だと思っていたら症状がなかなか治まらず、実は急性気管支炎だったというケースもあります。咳がひどいときは、早めの受診をおすすめします。

 

急性気管支炎の治療法

基本的には、対処療法を行いながら自然治癒を待ちます。重症でなければ、10日前後で回復するでしょう。投薬をする場合は、去痰剤、気管支拡張剤が用いられます。細菌感染による急性気管支炎なら、抗生物質を使うこともあります。

 

低月齢で呼吸困難を起こしている、ミルクなど水分を取れずに脱水症状の恐れがあるケースでは、入院治療をします。

 

家庭でのケアは、風邪とほぼ同じです。加湿器などで室内が乾燥しないようにしてください。食事は、のどごしがよいものを少しずつ与えましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳・鼻・口・喉に関する記事

子供が先天性の聴覚障害になったら?手話の必要性

聴覚障害は、先天的なものと後天的なものに分類されます。小児期に発見される聴覚障...

幼児の外耳炎の対処法…切開が必要になる場合も?外耳炎は再発する?

今回は、耳の病気である「外耳炎(がいじえん)」について、その治療方法を中心に...

耳・鼻・口・喉の体験談

子供の鼻水事情

突然ですが、お子さんは鼻って丈夫ですか?…って、意味がよくわかりませんよね。 失礼しました。 我...

子供の中耳炎◇ぐっすり眠れるツボを教えてもらいました!

急に日記みたいなことを書きますが、良いことを教えてもらったので皆さんにもおすそ分けしますね! ...

カラダノートひろば

耳・鼻・口・喉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る