カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. その他 >
  4. 不定愁訴 >
  5. 慢性疲労症候群の原因は、『逆流性食道炎』にある?その治療法とは

気になる病気・症状

慢性疲労症候群の原因は、『逆流性食道炎』にある?その治療法とは

慢性疲労症候群(CFS)とは、原因不明の強度の疲労が長期間(主に6ヶ月以上)に及んで継続する病気で、重症の場合、寝たきりになり就労が出来ない状態になることも少なくないと言います。

 

現在、患者数が30万人と増加傾向にあることから、厚生労働省が大学と共同で実態調査を開始していますが、未だ有効な治療法は確立していない状況です。

 

しかし、いくつかの症例において、CFSと『逆流性食道炎』に関連があるという指摘があり、医師の指導の下、食生活による胃腸機能の改善を行ったところ、寛解となった症例も報告されています。

 

以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

慢性疲労症候群と逆流性食道炎の関連とは?

慢性疲労症候群は、検査値上の異常(血液検査など)が見つからず、また精神疾患にも該当しない場合に初めて疑われる病気です。症状としては、以下のものが挙げられます。

 

◇長期間の疲労感(6ヶ月以上)

◇微熱 ・咽頭痛 ・頸部あるいはリンパ節の腫張・原因不明の筋力低下

◇羞明 ・思考力の低下・関節障害 ・睡眠障害

 

そして、現在上記に加え、いくつかの症例で逆流性食道炎(胃食道逆流症)の症状が見られることも指摘されています。

 

<逆流性食道炎(胃食道逆流症)の症状>

◇咳(空咳・痰のからむ咳)

◇喘息様発作(呼吸が荒いなども含む)

◇喉の違和感(痛み・息苦しさ)

◇胸部・背中の違和感(だるさ・痛み・深呼吸が出来ない)

◇右腕を上げた際の痛み(左腕を上げると痛まない)

◇胸焼け・胃もたれ(上がってくる灼熱感・呑酸)

◇嘔吐・吐き気

◇みぞおちの痛み

◇体全体の重量感・肩こり

◇微熱

◇動悸

◇眠りが浅い・寝汗をかく

◇鼻炎(鼻水・鼻の乾き)

◇耳の痛み

◇口の渇きなど

 

⇒CFSと逆流性食道炎の関連について、医師によると(康生会武田総合病院グループ・松原英俊医師)、

1)慢性疲労症候群の原因は『睡眠障害』にあり、睡眠障害を引き起こしているのが夜間の消化管の過活動である。

 

2)食物の消化には膨大なエネルギーが必要であり、また酸・アルカリ性の消化酵素が胃腸・食道を傷害し、それが疲労の原因へと繋がる。

 

と述べられています。(※また他の医師によると、好酸球性胃腸炎の関与も示唆されている。)

 

食物制限による治療法とは?

実際に、上記の理論に従って食物制限による治療が行われたところ、3ヶ月で改善が見られたという症例も報告されています。

 

<症例>

【対象】慢性疲労症候群・逆流性食道炎と診断された女性

 

【治療法と結果】数種類の食物制限(紅茶・油分など)により、3ヶ月で疲労測定尺度PS8⇒P3~4に改善。(※参考ウェブページ:逆流性食道炎(胃食道逆流症)・慢性疲労症候群(CFS)の治療方法~寝たきり状態から社会復帰へ~)

 

<具体的な食事制限療法>

◆逆流性食道炎罹患者が控えるべき食物

・チョコレート

・コーヒー(ノンカフェインでも不可)

・あん菓子

・アイスクリーム

・ケーキ

 

◆一般的に胃腸に悪いとされる食物(頻繁に食べているものがある場合は、一度止めてみることが大切)

1)甘いもの(特に上白糖)

2)冷たいもの(氷菓子など)

3)脂肪分の多いもの(牛、豚の脂身、天ぷら、豚カツ、ベーコン、スナック菓子、ファーストフード)

4)固く消化の悪いもの(おかき・せんべい、お餅、ピーナッツ、噛み切れない魚介類など)

5)発砲飲料

6)刺激物(香辛料・たまねぎ・にら・にんにく・大根・酢・塩づけの魚など)

7)早食いしやすいもの(麺類・丼もの)

8)繊維質が多い野菜(たけのこ、セロリ、ごぼうなど)

9)カフェインを含むもの(コーヒー(カフェイン抜きでも不可)・紅茶・緑茶・ウーロン茶・ココアなど)

10)胃中で体積の大きいもの(するめ・お餅)

11)その他(乳製品・アルコール・海藻類・たばこ・インスタント食品・サプリメント・ドリンク剤・市販の胃腸薬)

 

◆胃腸に負担を掛けない食物(毎日選んだものの記録をとることが大切)

1)次の成分が少ないもの(脂肪分・砂糖・繊維・カフェイン・刺激物など)、無農薬・無添加物・有機栽培のもの、アレルゲンとならないもの

2)柔らかい食感のもの(しっとりしているもの)

3)温かいもの

4)重量が軽いもの

5)胃腸の中での体積の小さいもの

6)濃度の低いもの

⇒例としては、白身魚・青菜(人によっては根菜類も可)・豆腐・お粥など

 

前述の、逆流性食道炎の専門医である松原医師の受け持つ患者には、慢性疲労を訴える100例につき15例程度に確定診断が行われ、現在では40例程度の特発性慢性疲労と診断された方がおられるということです。

 

食事制限を行うことは非常に敷居が高く、心理的抵抗もありますが、手始めとして毎日食べたもののレポートをつけ、不調となった日の食事から一品を選び、一日間その一品のみで経過を見てみるという方法も勧められています。

 

しかし、医師の指導無しに行うことは栄養面においても問題が生じる場合があるので、まずは専門家に相談することが必要です。 

(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不定愁訴に関する記事

子どもの不定愁訴…親はどう対応すればよいか知っておこう!

  大人に不定愁訴があるように、子どもにも不定愁訴はあります。 親になると子...

生活にアロマを取り入れて、梅雨を元気に乗り越えましょう! 梅雨時期にお勧めのアロマオイル

梅雨時期はジメジメとした湿気で何だか気持ちが悪く、天候のせいもあって、なんと...


漢方で不快症状を治す!悪血のはなし。

    悪血(おけつ)とは、 体内の血の巡りが悪く、滞っている状態のこと...

慢性疲労・うつ・アレルギー・不妊の原因…副腎疲労症候群が『DHEA』投与で改善?!

検査を行ったが何も異常値が見つからない、原因不明の慢性疲労やうつ症状・不定愁...

カラダノートひろば

不定愁訴の関連カテゴリ

不定愁訴の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る