カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 季節 >
  4. >
  5. 季節が変わっただけでは夏バテは治らないかも!夏バテを持ちこして秋バテになってない?

健康診断・健康管理

季節が変わっただけでは夏バテは治らないかも!夏バテを持ちこして秋バテになってない?

 

今年の夏は、夏バテをしたでしょうか?そしてきちんと、その夏バテを解消して秋に臨んでいるでしょうか?夏の暑さが終わったからといって、夏バテが自然に解消さえていくかというと、必ずしもそうとは言い切れません。

 

夏バテを放っておいていない?

夏バテは、夏の暑さや、室内と室外の温度差、栄養が足りなくなるなどの要因で起こります。

夏バテと名前がつくものですから、こうした要因が取り除かれれば勝手に治るもの、と思っていませんか?

確かに、秋になれば暑さは和らぎますし、温度差もやわらぎます。実りの秋や食欲の秋というくらいですから、旬のものがおいしく、食欲がわきやすい季節です。

しかし夏バテというのは、環境要因などによって、自律神経のバランスが乱れた事が大きな原因です。この自律神経の乱れは、放っておくとそのまま秋にまで持ち越されることがあるのです。それが秋バテという症状です。

 

季節が変わっただけでは自律神経が戻らない!

自律神経を乱していた原因がなくなれば、夏バテは解消され、秋にまで持ち越さないように思うかもしれません。

しかし自律神経が乱れた状態というのは、いわば体の防御機能などが低下している状態です。その「何となく不調」の状態で、秋に突入するのです。

秋は夏ほど気温も高くなく、日差しも強くありません。ですが、朝夕は長そでを着なければいけないほど寒く、一方で日によっては夏のような暑さがぶりかえることもあります。

季節の変わり目には風邪を引きやすいと言われますが、こうした安定しない気候もその一因です。こんな気候の中、自律神経が乱れ、体の防御機能が低下した状態で過ごすというのは、気候変動が苦手な方は特に、さらに追い打ちをかけているようなものです。

 

体を温めて秋バテから回復!

秋バテの解消方法は夏バテと変わりません。

規則正しい生活リズムが刻めるような生活をし、体をいたわってあげることが大切です。その中でも、寒くなってきた秋だからこそお勧めしたいのが、入浴です。

全身をまんべんなく温めることで、体に溜まったストレスを発散し、自律神経のバランスを元に戻せます。ぬるめのお湯に入って、ゆっくりと温まってください。

 

 

夏バテをしちゃったけど、秋になったからもう大丈夫と思っていませんか?秋になっても摂れない不調は、夏バテが続いているからかもしれません。季節の変わり目をきっかけにして、きちんと夏バテを解消しましょう。

 

 

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

カラダノートひろば

秋の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る