カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 季節 >
  4. >
  5. 秋になったからこそ気をつけて!高齢者に起こりやすい「隠れ脱水」にならない環境づくり

介護・認知症

秋になったからこそ気をつけて!高齢者に起こりやすい「隠れ脱水」にならない環境づくり

  

高齢の方は秋になっても、まだ脱水症状に引き続き注意が必要です。確かに秋は、夏に比べれば30度を超す日も少なくなり、過ごしやすい季節ではあります。ですが夏の様な日になったり、冬のような日になったり、その日の中でも気温差が激しく、油断をしていてはいけません。

 

高齢者は隠れ脱水になりやすい

そもそも高齢者は隠れ脱水になりやすいです。

加齢に伴って体液が減少している上、水分や塩分の摂取に欠かせない食事の量も減っていきます。さらに体温の調節機能が十分に機能しないとなれば、脱水症状を起こしやすくなるのもうなずけます。

たくさん汗をかいたり、のどが渇いたりすれば、水分補給をするという行動にうつれます。しかし高齢者はそうして体からの信号が乏しく、気づいたときには脱水の前段階の隠れ脱水になっていて、気づいたときには脱水症状まで進んでいたということになりやすいのです。

 

おっくうにならない水分補給の環境づくりを

高齢者の方の中には、のどの渇きを感じないため、水分補給の必要性を感じず、こまめな水分補給を億劫に感じてしまう方もいます。また、水分は取った分だけ、トイレに行く回数も増えますから、それを嫌がる方もいるのです。

ですから、実際に水分補給をする高齢者の方が、スムーズにできる水分補給の環境をつくりましょう

 

・温かいものも・冷たいものも用意しておく

秋は日によって、あるいは時間帯によって、気温が変わりやすいです。ですから、保温できる容器に、温かいもの、冷たいものをそれぞれ用意しておくのも良いでしょう。好きな時に好きな方を飲むことができます。

 

・ペットボトルにメモリをつけておく

ペットボトルにメモリをつけておくこともよいです。飲んだ量が一目で分かるので、「これくらい飲めばいい」と具体的な数字で高齢者の方にもわかりやすいですし、何より介護者の方が水分量を管理しやすいです。

 

 

「もう夏のように暑くないし、そんなに水分をたくさん飲まなくても」と感じる高齢者の方も多いでしょう。そういった場合は、きちんと介護者の方が、水分量管理をしてあげてください。

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

秋に関する記事

高齢者が実感できない隠れ脱水は秋にも注意!○○な症状が出ていたら隠れ脱水かも…

   猛烈な夏の暑さも過ぎ、穏やかな秋になったからといって、油断していないでしょ...

秋になると高齢者にも喘息が多くなる!見逃しやすい高齢者の喘息…注意したい部屋の○○!

秋は意外と喉がダメージを受けやすい季節で、喘息の方は秋には発作への注意が必要...


秋にも注意が必要な高齢者のかくれ脱水!自覚症状が出るころには症状が進んでるって本当?

高齢者の介護を行う際に注意が必要と言われるのが、脱水症状です。高齢者は自分の脱...

高齢者は夏に体を動かしていないと体力が落ちてしまいます!運動しやすい秋がチャンス!

秋になって、夏の体調不良を回復させているでしょうか。高齢で元々の体力が減ってき...

カラダノートひろば

秋の関連カテゴリ

秋の記事ランキング

人気体験談ランキング

介護・認知症のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る