カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 季節 >
  4. >
  5. 高齢者が実感できない隠れ脱水は秋にも注意!○○な症状が出ていたら隠れ脱水かも…

介護・認知症

高齢者が実感できない隠れ脱水は秋にも注意!○○な症状が出ていたら隠れ脱水かも…

  

猛烈な夏の暑さも過ぎ、穏やかな秋になったからといって、油断していないでしょうか。夏のような厳しい環境の中では、高齢者などの体力のない方は、体調を崩しやすいです。それが秋になったからいきなり大丈夫になるかというと、そういうことではないのです。

 

秋になっても脱水症状に気をつけろ!?

もちろんたくさん汗をかく夏は、脱水症状が起こりやすい季節です。家の中にいてもこまめに水分補給をした方がよい、ということはだいぶ広まったのではないかと思います。

高齢者の場合、発汗機能が低下しているため、汗をかいたという実感がなく、知らない内に脱水状態になっていることがあります。それは、夏だけでなく、秋でもあり得るのです。

実際に、秋から冬というのは、夏についで脱水症状を起こしやすい季節と言われています。

 

高齢者が実感しない「隠れ脱水」

だんだんと気温が下がってくる中で、何枚も下着を重ねてきたり、上着を着込んだりする方もいると思います。何枚も洋服を重ねてきていると、その中で汗をかいたことに気づきにくくなります。

また、汗自体をかきにくくなっていて、体温調節がうまくできなくなっていたりもします。さらに、本当はすでに水分補給が必要な状態になっているのに、体がその信号を察知しないということもあります。

だからこそ、適度な水分補給というのは、意識して行わなければいけません。

 

こんな場合は隠れ脱水かもしれない

以下のような症状の中のひとつでも見られた場合には、隠れ脱水になっている可能性があります。

 

☐脈拍が早い(120回/分以上)

☐体温が高い(37度以上)

☐爪を押して離した後、白からピンクに戻るまで3秒以上かかる

☐皮膚の張りがない

☐部分的、あるいは全身的なけいれん症状がある

☐体重が3%以上減少している

☐意識がはっきりしない

 

隠れ脱水は「夏でもない、野外でもない」のに起こる脱水です。汗をかいていないから、のどが渇いたと言わないから、脱水にならないということではないのです。

 

 

高齢者の中でも糖尿病や高血圧症などの持病がある場合、さらに肥満や栄養不足といった要因がある場合には、隠れ脱水になる可能性が多くなりますので、注意をしてください。特に寝たきりになっている場合は、介護をする人が、注意をしてあげないといけません。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

秋に関する記事

秋になったからこそ気をつけて!高齢者に起こりやすい「隠れ脱水」にならない環境づくり

   高齢の方は秋になっても、まだ脱水症状に引き続き注意が必要です。確かに秋は、...

歯が弱くても大丈夫!高齢者が秋の味覚をたっぷり楽しむためのオススメ調理法♪

高齢者は季節感が薄れがちなので、介護施設などでは季節のイベントを積極的に行うこ...


秋に高齢者に起こる4つの危険…高齢者「だから」注意したいポイントまとめ

季節の変わり目は体調を崩しやすいですが、特に高齢者の方の場合、秋にはどんな用心...

秋になって体が冷えて、肩こりになる高齢者も…でも実は肩もみは危険?!危険なヒミツとは

秋は徐々に気温が下がり、高齢者は特にもともと寒さを感じやすいことから、一気に寒...

カラダノートひろば

秋の関連カテゴリ

秋の記事ランキング

人気体験談ランキング

介護・認知症のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る