カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 手首 >
  4. 原因 >
  5. スマホ、パソコンのヘビーユーザーは注意!手首に激痛が起こるドケルバン病って!?

関節痛・腰痛

スマホ、パソコンのヘビーユーザーは注意!手首に激痛が起こるドケルバン病って!?

  

ドケルバン病という病気を知っているでしょうか。近年増えていると言われている病気で、手首あたりの痛みを特徴とする病気です。名前だけを書くと何とも大げさな病気に聞こえますが、腱鞘炎の一種です。

 

ドケルバン病とは?

先述のように、ドケルバン病とは腱鞘炎のひとつです。

親指を外側に広げてみて下さい。親指から手首にかけて2本の腱が浮かび上がるのが分かると思います。この二本の腱は、手首あたりの親指側にある、腱鞘というトンネル状の組織を通ります。

この腱鞘が肥厚したり、腱の表面が傷んだりすることによって、腱の動きがスムーズにいかなくなります。それに伴って手首の親指側が痛み、腫れが生じます。特に、親指を動かすときに強い痛みが生じるのが特徴です。

 

スマホユーザーに増えているドケルバン病

腱鞘炎ですから、手を多く使う人によく起こります。特に多いのが、出産期の女性や更年期の女性、手首をよく使うスポーツ、仕事の人の発症です。

そして最近増えているのが、スマホユーザーの発症です。スマホの片手打ちを続けることによって、発症するケースが増えているのだそうです。また、スマホでもそうですが、パソコンをよく使う方でも起こると言います。

 

何となくの違和感を放っておかないで

ずっと同じ動作をしていたり、ずっと同じ姿勢でいると、負担がかかっている部分に違和感を生じることはあると思います。

ドケルバン病もその違和感や、何となくの疲れの時点で、手首を十分に休めることができればいいのですが、スマホを使うのが毎日の習慣になっていたり、仕事上どうしてもパソコンを使わなければならないということで、違和感があっても継続して酷使してしまうことがあります。

そのため、親指から手首に負担をずっと強いていた結果、ある日急に、手首から親指にかけて激痛がしたということになりかねません。

痛みだけでは耐えてしまうかもしれませんが、重症化すれば、腫れや熱感といった症状も出てきます。さらには親指を動かすことが出来なくなり、こうなると治ったときに本来の可動域が狭くなってしまうこともあります。

 

 

腱鞘炎というのは手首が華奢で、ホルモンバランスの影響を受けやすい女性がかかりやすいイメージが強かったかもしれません。ですが、スマホやパソコンという要因の増加もあって、男性が発症するケースも増えていますので、思い当たる方は注意しましょう。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

手がしびれる!後縦靭帯骨化症(OPLL)とはどんな病気?!

      首筋から肩甲骨にかけて、腕や手指のしびれなどの症状があれば、後...

スマホユーザーはチェック!手首の痛みで手術の可能性も…心当たりがあればすぐに自己診断を!

   スマホはどのようにして使用していますか?片手で持って、親指を大きく動かすよ...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る