カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. >
  5. 秋に急増中!女性に多い咳喘息!空咳だけが長く続く場合、ただの風邪ではないかも…

気になる病気・症状

秋に急増中!女性に多い咳喘息!空咳だけが長く続く場合、ただの風邪ではないかも…

季節の変わり目は風邪を引きやすくなります。ただ、風邪と思ったらどうも「咳だけが治まらない」ということはありませんか?

風邪を引いたと思って、そのまま咳だけが数週間も続いているとなったら、それはすでに風邪ではない可能性が大きいです。

 

なんで?咳だけが治らない病気って?

秋というのは、似たような症状を持つ病気がいくつか並びます。風邪、花粉症、ハウスダスト、喘息など、いくつかの症状を総合的に考えないと、病気を判断できないことも多くあります。

 

そんな中、咳だけが続くという場合には、「咳喘息」の可能性があります。これは慢性的に咳が続く気管支の病気で、女性に多い傾向があります。

 

寒く、乾燥した秋になって風邪に併発して始まることが多く、1週間ほどで風邪の他の症状は治まるのに、咳だけが残るのです。

 

咳喘息って喘息とは違うの?

咳"喘息"と言うと、喘息との関係が気になると思います。

確かに喘息と同様、気道が狭くなって、色々な刺激に過敏になり、炎症や咳の発作が起こります。ここで、咳喘息と喘息の違いを症状から見ておきましょう。

 

咳喘息の咳は「空咳」です。この空咳が1ヶ月以上続くのです。さらにひどい場合には1年以上続くこともあります。

喘息の咳と比べると、ゼイゼイ、ヒューヒューといった喘鳴、呼吸困難、発熱、痰といった症状はみられません。

 

また他の特徴として、以下のような症状がみられます。

・夜中から明け方に激しい咳がでる

・寒暖差のある状況で咳がでる

・喫煙をしたときに咳がでる

・のどのイガイガ感がある

・喉を長時間使ったとき、のどの渇きや枯れが生じる

・咳が激しいとき、胸痛、嘔吐、失神が生じることもある

 

これらは喘息と共通するところもあります。喘息との一番の違いは、咳そのものの違いかもしれません。

 

咳の症状だけだと、発熱や鼻水ほど生活の邪魔にならないからか、放っておいてしまうこともあります。

ですが、咳ということはつまり、呼吸器に異常があるということです。長く続くようならば、病気の可能性を考えましょう。

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

咳に関する記事

咳のし過ぎで肋骨骨折…治療内容と治療期間は?

咳のし過ぎで疲労骨折するのは老人にはよく見られますし、20-30代でも疲労骨折...

意外な原因も!?春のせきの原因と可能性とは?

  春になると急にせきこむようになってしまったという方もいるかもしれません。春...


適切な治療は検査から~トキソカラ症の検査方法

  トキソカラ症を治療するには、まず検査によってトキソカラ症を発見しなくて...

咳で吐き気がする…どんな原因があるの?

咳が出るときにはほかの症状を併発することも多いですね。 例えば鼻水が一緒に...

カラダノートひろば

咳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る