カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 妊娠中期(5~7ヵ月) >
  5. 両親学級に積極的に参加しよう!妊娠中期にパパができること

妊娠・出産

両親学級に積極的に参加しよう!妊娠中期にパパができること

妊娠中期になると、ママの体型も妊婦らしくなりますし、赤ちゃんの胎動もわかるようになってきます。「赤ちゃんを授かったんだな」という実感がより一層湧いてくることでしょう。お産や赤ちゃんへの知識を身につけ、理解を深めて出産・産後のお世話などの準備をしていくためには「両親学級」に参加するとよいでしょう。妊娠中期から後期の頃に開かれている場合が多いようです。


■両親学級とは

 

お産や産後のお世話や生活について、講義を受けるというものです。両親揃って参加します。1日だけで行われる場合が多いでしょう。両親学級はほとんどの病院で実施しており、立ち会い出産を望む場合は父親の両親学級への参加が必須となっているところが多いようです。講義の内容としては、入院準備からお産の流れについて、陣痛・分娩時のフォロー、赤ちゃんのお世話のしかた、産後の生活に関する注意などです。DVDやスライド、配られた資料などを使って詳しく説明してくれるでしょう。産科の病棟を見学したり、新生児のお風呂の入れ方を実演しながら教えてもらったり、などというところもあります。各自治体で開催されている場合もありますので、興味のある人は役所や保健所などに問い合わせてみましょう。母子手帳を役所で受け取った時にもらった冊子類の中に案内のプリントが入っていることもありますので、確認してみましょう。


■知識を得られるだけじゃない!参加するメリット

 

面倒だから、立ち会い出産を希望しないから、本を読めばだいたいのことはわかるから、などと参加を渋っているパパもいるかもしれません。しかし、両親学級は単に知識を得るためのものではなく、ママや赤ちゃんへの理解を深め、相手をより自然に思いやることができ、父親としての自覚を強くするという意味合いもあります。わからないことはどんどん質問してクリアにしておけば夫婦の連携も円滑にいき、不要な衝突を避けることができるでしょう。また、同じ時期に出産を迎える夫婦がたくさん参加しますので、友達になれば産後も情報交換をしたり家族ぐるみで交流したりと何かと心強いでしょう。引っ越してきて日が浅く知り合いが近所にいないという人におすすめです。


立ち会う人も立ち会わない人も思い切って参加してみましょう!

 

(Photo by:足成

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠中期(5~7ヵ月)に関する記事

安定期に入ったからこそ大切にしたい「夫婦の時間」…旅行や夜のお出かけはこの時期に!

  赤ちゃんを授かると、出産に向かってカウントダウンが始まります。このカウント...

お腹がより大きくマイナートラブルも多し!妊娠中期の母体の状態~6から7ヶ月~

妊娠6~7ヶ月にかけてはますますお腹が出てきます。それに合わせておこる体の変化...

妊娠中期(5~7ヵ月)の体験談

妊娠中期の旦那さんの変化。パパの自覚が湧いてきました

妊娠中期になるとお腹も出てきて胎動も感じてくるので、私自身母になるということを実感し始めましたが、そ...

切迫早産で入院◇文化の違い?ハーフの旦那さんについて

私の旦那さんは、フランス人の父、日本人の母から産まれたハーフなんです。 小学2年生から日本で住むよ...

カラダノートひろば

妊娠中期(5~7ヵ月)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る