カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. アレルギー(免疫異常) >
  5. 食物アレルギー >
  6. 秋生まれの子どもは食物アレルギーが多い!?気になる!生まれ月とアレルギーの関係

育児・子供の病気

秋生まれの子どもは食物アレルギーが多い!?気になる!生まれ月とアレルギーの関係

  

秋に生まれた赤ちゃんは、食物アレルギーを発症しやすい傾向がある、という研究結果があります。小さい子を育てているママや、今妊娠中のママは、これだけ聞くと不安になってしまいますよね。ここで詳しく書いてきます。

 

フィンランドの研究結果「秋生まれは食物アレルギーが多い」

秋に生まれた赤ちゃんに食物アレルギーが多い傾向があるというのは、フィンランドで行われた研究の結果です。

詳しく言うと、子どものアレルギーリスクは、妊娠3か月目までの季節と関係している可能性があるというものです。

研究では、特定の地域に生まれた子ども約6000人を対象に、4歳までのアレルギーの皮膚テストを受けた約1000人に注目して行われました。

実際にアレルギーテストを行って、陽性反応が出た子どもの数を並べて比較してみると、

 

10~11月生まれの子どもの陽性反応は10%

この陽性反応の数は6~7月生まれの2倍の数になる

特に10~11月では牛乳と卵に対するアレルギーが強い

 

この牛乳と卵アレルギーの多さは、6~7月生まれの赤ちゃんと比べると3倍の数になる

こうした結果が得られています。ちなみに、6~7月生まれというのは、年間を通してアレルギー反応が最も弱かった赤ちゃんです。

 

どうして秋生まれに食物アレルギーが多いのか?

考えられている理由としては、妊娠中の花粉の曝露量が考えられています。

10~11月生まれというのは、妊娠11週目あたり(4~5月)が、調査をした土地ではカバノキ、ハンノキといった、花粉が大量に飛散する時期とぶつかります。妊娠11週目というのは胎児の成長において重要な時期とされており、この時期に大量に花粉を浴びることが関係していると考えられています。

逆に、花粉の飛散量が最も少ないのは12~1月なのですが、この時期に妊娠11週目が当たるのは6~7月生まれの赤ちゃんですので、結果と合致します。

ただ、これは結果と合致するということだけです。胎児にアレルゲンが及ぼす影響について、メカニズムなどが分かっているわけではありません。

 

 

これはあくまでもフィンランドの一地域の結果であって、日本で飛散している花粉を、そのまま当てはめて考えるわけにはいきません。ただ、ひとつの目安や考え方の指標にはなるでしょう。

また、こうしたアレルギーと胎児の関係は、多くの中のひとつです。夏生まれはADHDの子どもが多いなど、多くの研究の中のひとつであることは、忘れてはいけません。

 

 

(参考:Journal of Epidemiology and Community Health「Season of the first trimester of pregnancy predicts sensitisation to food allergens in childhood: a population-based cohort study from Finland)

(参考:AFPBBNEWS「妊娠初期の「花粉」が、子どものアレルギーと関連 フィンランド研究)

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食物アレルギーに関する記事

子どもがアトピー性皮膚炎になった…。皮膚の状態とスキンケア法教えます!

アトピー性皮膚炎は皮膚の乾燥と、強いかゆみをともなう湿疹が慢性的に続く特徴があ...

赤ちゃんでも花粉症になる?子供の花粉症の症状や治療法について

 ○ 赤ちゃんは花粉症にならない? つい最近まで、赤ちゃんは花粉症にならな...

食物アレルギーの体験談

ママの母乳からアレルゲン食品飲んでませんか?赤ちゃんの肌荒れの原因はアレルギーでした。

息子は産まれて間もないころから乳児湿疹がひどかったです。 病院にいって塗り薬をもらうも、よくなった...

生後8か月で卵・乳アレルギーの反応が!!

アトピーのような症状が生後5か月ごろから長く続いたので、血液検査をしてみることをすすめられました。結...

カラダノートひろば

食物アレルギーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る