カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 費用・助成金・給付金 >
  5. お産の費用をまかなえる出産育児一時金とは?妊娠したら知っておきたい補助金や助成金

妊娠・出産

お産の費用をまかなえる出産育児一時金とは?妊娠したら知っておきたい補助金や助成金

妊娠・出産には多くの費用がかかりますが、それをまかなえるいくつかの補助金や助成金の制度があります。その中の一つ「出産育児一時金」の制度は、ほとんどの家庭で申請しお産の費用にあてているようです。どのような制度なのか、見ていきましょう。


◼︎出産育児一時金とは

 

入院費用や分娩費用としてもらえるもので、金額は42万円です。もらえる条件としては、健康保険に加入している本人、もしくは被扶養者です。職場の健康保険に加入している人も国民健康保険に加入している人ももらえます。パパとママ両方が加入している場合はどちらか片方からのみ支給されます。入院費用や分娩費用が42万を超える場合はその差額を支払えばよいでしょう。下回った場合は申請すればその差額をもらうことができます。また、双子の場合は2倍の84万円が支給されます。なお、妊娠85日以後に産まれた場合が対象となり、死産の場合も含まれます。


◼︎申請について

 

利用するには申請が必要です。申請の時期や方法は、病院にどのように費用を支払うのかによって少し異なります。「直接支払制度」といって、出産育児一時金が病院へ直接支払われる制度を利用する場合は病院へ申請することになります。書類は病院側が用意したものに記入します。病院におさめず自分が直接受け取る場合は加入している健康保険へ確認して申請することになります。前者の場合は妊娠中に申請し、後者の場合は産後に申請することになります。直接支払い制度は、一度に大金を用意する必要がなく、不足の場合差額のみを用意すれば良いという利点があります。かかりつけの産院に制度があるかどうか確認してみましょう。


きちんと申請して確実にもらっておきたいお金ですね。パパも手続きに必要な書類や時期を確認してすみやかに提出できるようにしておきましょう。

 

(Photo by:足成

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

費用・助成金・給付金に関する記事

パパとして出産育児一時金をもらうプロセスを正しく理解しよう 直接支払制度と受取代理制度

出産に関する費用の多くは出産育児一時金によってカバーされます。しかし、パパと...

妊婦の定期検診は何回行くの?お金はかかるの?出産までの自己負担額を知りたい!

産婦人科で妊娠が確認されたら、赤ちゃんの成長状況や妊婦さんの体調の確認をするた...

費用・助成金・給付金の体験談

ちょっと悲しかった夫の発言

愚痴になりますが・・・。ちょっと愚痴になりますが、主人に言われた言葉に悲しい気持ちになりました。 ...

カラダノートひろば

費用・助成金・給付金の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る