カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 費用・助成金・給付金 >
  5. 仕事に復帰するママは覚えておいて!産休の期間中にもらえるお金「出産手当金」

妊娠・出産

仕事に復帰するママは覚えておいて!産休の期間中にもらえるお金「出産手当金」

仕事をしているママで産後も産休を経て復帰する予定である場合、「出産手当金」をもらえることがあります。どのような手当なのでしょうか。


■出産手当金とは

 

産休の期間中、「日給に換算したお給料の2/3×休んだ日数」分のお金がもらえるという手当です。対象者は、産後も仕事を続ける予定であり産休をとる人で、勤務先の健康保険に加入している人です。加入しているのが国民健康保険である場合、もらえないことが多いようです。勤務先の担当者に確認しておきましょう。


■金額について

 

もらえる対象の期間は産休をとった日数分となります。産休とは、「産前42日間(出産予定日を含む)+産後56日間」の98日間です。実際出産した日がいつかによってもらえる金額が異なってきます

 

1)出産予定日通りの場合…42日+56日=98日分

2)出産予定日より早まった場合…42-早まった日数+56日⇒1)より日数が少なくなり、金額も減る

3)出産予定日よりも遅れた場合…42+遅れた日数+56日⇒1)より日数が多くなり、金額も増える


金額は普段の給与が月給の場合、日給に換算して計算されます。月給26万円の人であれば、「26万円÷30日=8670円」となり、その2/3が支給されますので「8670円×2/3=5780円」が1日当たりの手当になります。
なお、産後42日間は休暇をとることが義務付けられていますが、産前は状況によっては出勤することも可能です。出勤となった日数は手当の支給対象には含まれません。


手続きに関してはママが主体で行うことになりますね。とてもありがたい制度ですが、申請するタイミングは産後になりますので、実際にお金がもらえるのは産後ということになります。そのことを忘れずに、計画的にやりくりしていきたいですね。

 

(Photo by:足成

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

費用・助成金・給付金に関する記事

出産費用の平均はどれくらい?帝王切開や合併症の場合はいくらになる?

あなたは、出産に一体どのくらいの費用がかかるかご存知でしょうか。 実は出産費用...

お産の費用をまかなえる出産育児一時金とは?妊娠したら知っておきたい補助金や助成金

妊娠・出産には多くの費用がかかりますが、それをまかなえるいくつかの補助金や助成金...

費用・助成金・給付金の体験談

ちょっと悲しかった夫の発言

愚痴になりますが・・・。ちょっと愚痴になりますが、主人に言われた言葉に悲しい気持ちになりました。 ...

カラダノートひろば

費用・助成金・給付金の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る