カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. デリケートゾーン >
  4. アンダーヘアのお手入れどうしている!?デリケートゾーンのセルフケア

女性のカラダの悩み

アンダーヘアのお手入れどうしている!?デリケートゾーンのセルフケア

デリケートゾーンのお手入れで、気になるのはアンダーヘアの処理ではないでしょうか。さまざまな処理方法のうち、気軽に家でできるセルフケアを比較しました。それぞれのメリット・デメリットを比べましょう。

 

カミソリ・シェーバー

カミソリやシェーバーで剃る方法は、入浴の際に行える手軽さが最大のメリットです。1度に広い範囲を処理できるので、時間がかかりません。気になったらすぐに処理できます。ただ、表面に出ている毛を剃るだけなので、毎日のように処理しなくてはなりません。刃が皮膚の角質層を傷つけ、トラブルになることも。カミソリ負けや、色素沈着(黒ずみ)に注意が必要です。アフターケアもしっかり行ってください。アンダーヘア専用の電気シェーバーなど、皮膚に負担をかけないものを使うと良いでしょう。

 

抜く

ピンセットで1本ずつ抜く、ワックスでまとめて抜く方法があります。表面に出ている毛だけではなく毛根から引き抜くので、次の毛が伸びてくるまでに時間がかかるのがメリットです。伸びはじめの毛がチクチクする感じもありません。

1本ずつ引き抜くのは、時間がかかるのが難点です。ワックスの場合、はがすときに皮膚へのダメージが大きくなります。どちらも毛が皮膚の中に埋まってしまう、埋没毛が発生する恐れがあります。

 

除毛クリーム

ムースやクリーム状の除毛剤を塗り、薬剤で毛を溶かす方法です。短時間で広範囲を処理できますが、強い薬なので皮膚が負けてしまうかもしれません。特に皮膚が敏感なデリケートゾーンには不向きです。

 

ヒートカッター

熱線によって毛を焼き切る方法です。アンダーヘア専用のものが売られています。カミソリやハサミと異なり、チクチクする感じがありません。扱いが簡単で、皮膚に負担がかかりません。しかし伸びた毛を切る方法なので、全体を短くする以外には使えません。

 

どの方法にも一長一短があります。トラブルを避けるために、アフターケアは万全にしてください。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

デリケートゾーン に関する記事

どうすればいいの!?あんなとこのかゆみ。。

■乳輪のかゆみ人に相談しづらい部分だけに、対処方法に困っている人が多いのではない...

デリケートゾーン専用ソープで臭い対策!女性の気になる臭い予防

臭い対策のため、デリケートゾーンを洗って清潔に保つのは、効果的です。ただ、使う...


気になるデリケートゾーンの臭い…原因を突き止めて快適に過ごそう!

  デリケートゾーンの悩みは、人に相談しにくいもの。特に臭いを気にしている人は多...

洗いすぎが逆効果になることも?!膣の中のデーデルライン乳酸菌を守ろう!

   健康な女性の膣内にはデーデルライン乳酸菌という常在菌が住んでいます。「菌」...

カラダノートひろば

デリケートゾーン の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る