カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 出産 >
  5. 産後のことも押さえておこう!分娩が終わったら後の状態や流れ

妊娠・出産

産後のことも押さえておこう!分娩が終わったら後の状態や流れ

妊娠中や出産時同様、産後のことも知っておくと赤ちゃんのお世話がスムーズにいきます。出産を終えた後はどのような流れになっていくのでしょうか。


■分娩室で休んだ後部屋へ戻る

産後は2時間ほど分娩台に横になって休みます。母乳は産まれてから間を空けず吸わせたほうがその後の母乳育児がスムーズにいきやすいことから、分娩台で一度赤ちゃんに吸ってもらうこともあります。子宮の収縮具合や血圧、脈拍などをチェックし、母体に異常がないかを確認した後部屋へ戻ります。歩行は分娩から数時間後、助産師さんの許可が出てから可能になります。

 

■初日は体を休めることも

産院の方針にもよりますが、母子同室の場合、初日は赤ちゃんを預かってもらい、翌日から同室にするのが一般的でしょう。その間、ママはゆっくり体を休め、赤ちゃんは診察を受けつつ様子を確認されています。最近では特に問題がなければ当日からでも同室にできるところもあります。ママが体調を崩しては今後のお世話に支障が出ますので、無理せず体調と相談しながらお世話に慣れていきましょう。

 

■翌日からお世話開始

翌日から同室でお世話を開始します。授乳やおむつ替えをします。助産師さんから指導があるでしょう。この日からママはシャワーを浴びてもよいと言われるでしょう。入院中は毎日子宮の戻り具合や悪露の様子の確認、血圧・体温の測定などがあるでしょう。

 

■3日目以降は沐浴指導など

3日目以降に沐浴指導を受けることになるでしょう。赤ちゃんのお風呂の入れ方を学びます。他に赤ちゃんはマススクリーニング検査を受けたり、任意で聴力検査を受けたりします。退院の頃には会陰切開の抜糸も行います。


入院期間は初産で7日間、経産婦では5日間ほどというのが一般的です。入院のスケジュールや費用を支払うタイミングなどは事前におさえておきましょう。

 

(Photo by:足成

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

出産に関する記事

パパも産後のママの状態を知っておこう!~出産後の状態や流れ~

出産という大仕事を終えたあと、ママの体は妊娠前の状態に戻ろうとし始めます。産後...

トラウマになってしまうパパも?!立ち会い出産のデメリットとは

どんなお産にするか考える時に、夫婦で決めることの一つである「立ち会い出産」。我...

出産の体験談

立ち会い出産◇私より冷静さを失う旦那さん...

私の旦那さんは、何事にも一生懸命に頑張ってくれてすごく優しい人なんですけど!! 一石二鳥どころか三...

立ち会い出産はした方が良い?メリット、デメリットについて

バースプランを決める時の項目として「立ち会い出産」にするかどうというのがあると思います。 昔は立ち...

カラダノートひろば

出産の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る