カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. その他 >
  5. 帯祝いや安産祈願…時期はずれても大丈夫?いつがベスト?

妊娠・出産

帯祝いや安産祈願…時期はずれても大丈夫?いつがベスト?

帯祝いとは、妊娠5ヶ月に入ってから最初の戌の日に、安産を願って腹帯を巻き、神社に安産祈願にお参りに行く行事のことです。 

戌の日は12日に1回巡ってきますが、その日が平日であったりすると仕事で行けない、なんてこともあるでしょう。 

「都合の良い他の日でも良いの?」と疑問に思うところです。帯祝いやお参りはいつごろ行くのがベストなのでしょうか。

 

安産祈願スポットを紹介★あんこの安産祈願!はコチラ>>

 

妊娠5ヶ月に行く合理的な理由

昔からしきたりとして決められている日ですが、この頃に行うというのはとても意味のあることです。

5ヶ月目に入る頃にはつわりもおさまってくる妊婦さんが多く、安定期に入るのもこの5ヶ月が始まる16週からです。

体調が安定し、初期の流産がおこる可能性がぐっと低くなります。

 

また、お腹が目立って大きくなり始めますので、お腹を保護するためにも腹帯を巻くのは良いことです。ただ、帯祝いが7ヶ月や9ヶ月という地方もありますので、自身の地域のやり方に合わせて行うと良いでしょう。 

 

月初めの戌の日ではなくてもOK

多くの神社で、戌の日ではない日も受け付けているようです。最初ではなくても都合の良い戌の日や、5ヶ月あたりの他の日の週末など、都合の良い日に行くという人もたくさんいるようです。

 

戌の日と週末が重なる日はとても混雑し、1時間や2時間待ちという場合もあるようですので、混む日を避けたいという人は違う日にしても良いのではないでしょうか。

仕事を持つ妊婦さんも増えた現在では、5ヶ月目の都合の良い戌の日など、ある程度都合に合わせて行うということでもよいのでしょう。

 

他に、夫婦どちらかの両親が「最初の戌の日でなければ」、と決められた日を重んじることもありますので、あらかじめ話しておいたほうがよいかもしれません。

(Photo by:写真AC

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-05掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

せっかく生まれたのに名づけでケンカ!?夫や義両親と揉めないで名づける方法

赤ちゃんが生まれたらその成長を見るのも楽しみですが、名前をつけるのも楽しみの...

パパの自覚を生むのは○○!?妊娠後、夫からパパになるためにできること

  ママは妊娠をした瞬間からママになります。このママというスイッチは、今後切るこ...

その他の体験談

パパという名の子供

妊娠をして一番そばにいてくれるのが旦那さん。でも、男だもの。妊娠中の辛さ、出産の痛み、出産後の大変さ...

夫は、パパの実感持ってほしいですよねぇ!

赤ちゃんが生まれるってことは、私がママになって、夫がパパになるってことじゃないですか。 でも、うち...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る