カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. その他 >
  5. 安産祈願の神社にお参り!安産を願うお祝いごと「帯祝い」の時期とは

妊娠・出産

安産祈願の神社にお参り!安産を願うお祝いごと「帯祝い」の時期とは

帯祝いとは安産を願って行う儀式のことで、妊婦さんのお腹に腹帯という帯を巻き、安産祈願の神社にお参りに行くというものです。 

いつ頃に行うものなのか、時期についてみていきましょう。

帯祝いの時期

5ヶ月に入った最初の戌の日(いぬのひ)に行うものです。 

なぜ戌の日かというと、犬は安産で子だくさんであり、それにあやかっているためといわれています。 

 

戌の日は12日に1度やってきます。 

表示のあるカレンダーや妊婦グッズ、赤ちゃんグッズ屋さんのホームページや店頭でも確認できます。

 

帯の準備やお参りする日の都合の確認などもあると思うので、早めにチェックしておくと安心です。

実家に確認した方がよい場合も

地域によっては戌の日ではなく酉の日だったり、5ヶ月ではなく7ヶ月や9ヶ月で行うところもあります。 

いちど実家に確認してみるとよいでしょう。 

最近では戌の日などの時期にこだわりなく、5ヶ月頃の都合のよい日に行くという人も増えているようです。

 

しかし、夫、妻のどちらかがしきたりを重んじるという場合もあるので、念のためどのように行うか話しておくとよいでしょう。

5ヶ月の頃に行うことの意味は他にも

5ヶ月頃になると、お腹も少しずつ目立ち始めます。 

お腹を保護したり位置を安定させる、妊娠線をできにくくするという意味でも、この時期から腹帯を着用する意味があります。 

 

また、妊婦さんに妊娠しているという自覚を改めてもってもらうという節目のお祝いごとにもなります。 

安定期に入る頃でもあるので、お参りにも出かけやすいのではないでしょうか。仕事の都合などもあり、パパが平日に参加するのは難しい場合もありますね。

 

戌の日以外でも受け付けている神社が多いので、都合のよい日に行くのもよいでしょう。

 

安産祈願スポットを紹介★あんこの安産祈願!はコチラ>>

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

共働きで急上昇中?家事ハラの現状とは?家事ハラを受けたことがある夫はおよそ7割もいる!

 最近「家事ハラ」という言葉を聞いた人も多いのではないでしょうか。今や共働き世...

パパの自覚を生むのは○○!?妊娠後、夫からパパになるためにできること

  ママは妊娠をした瞬間からママになります。このママというスイッチは、今後切るこ...

その他の体験談

パパという名の子供

妊娠をして一番そばにいてくれるのが旦那さん。でも、男だもの。妊娠中の辛さ、出産の痛み、出産後の大変さ...

夫は、パパの実感持ってほしいですよねぇ!

赤ちゃんが生まれるってことは、私がママになって、夫がパパになるってことじゃないですか。 でも、うち...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る