カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中期(5~7ヵ月) >
  4. 安産祈願 >
  5. ガードルタイプやコルセットタイプも!安産祈願「帯祝い」のお祝いのしかた

妊娠・出産

ガードルタイプやコルセットタイプも!安産祈願「帯祝い」のお祝いのしかた

初めて帯祝いをするときは、「どうやるの?」「どこまで形式通りにすればいい?」など、わからないことも多く出てくることでしょう。

帯祝いの仕方について、みていきましょう。

 

安産祈願スポットを紹介★あんこの安産祈願!はコチラ>>

 

正式な腹帯のやり方

昔ながらの正式なやり方があります。日腹帯は「岩田帯」という絹でできたお祝い用の紅白の帯と、普段使い用の白い綿の帯をセットにし、妻の実家がそれを贈るというものです。

 

お守りや祝い酒と一緒に贈るというケースもあります。帯を巻くのは5ヶ月に入った最初の戌の日です。

 

参加するのは両家の親、夫婦、仲人等です。

子宝に恵まれた夫婦に巻いてもらうという場合もあります。  

 

現代では多種多様に

正式なやり方はあるものの、現代では形式にこだわらず、安産と赤ちゃんの健康を祈る祝いの行事として、様々な方法が見られます。

 

帯も岩田帯やさらしではなく、ガードルタイプやコルセットタイプなど、着用しやすいものを使用することもあります。

 

さらしでないと安産祈願を受け付けない神社もありますが、反対に神社側で様々なタイプの腹帯を販売しているところもあります。

 

神社で購入した場合は、おはらいをしてもらってそれを受け取ることもできます。持参しておはらいを受ける場合、未使用のものを持っていくのが基本です。

 

腹帯を巻くのも、妻の母親や夫に巻いてもらったり、病院で指導を受けて巻くという方法があります。

 

形式にとらわれ過ぎず、赤ちゃんの健康と安産をしっかりと願い、親になるんだという自覚を改めて持つことを大切にしたいですね。

 

(Photo by:写真AC )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

安産祈願に関する記事

安産祈願に行くなら早めに!帯祝いの「腹帯」を準備しよう!

帯祝いをするのに必須なのが腹帯。安産祈願に行くのであれば、日程に合わせて早め...

安産祈願や帯祝いについての疑問を解消しよう!

帯祝いや戌の日のお参りに行くという人は、いろいろと準備が必要になります。こう...

妊娠中期(5~7ヵ月)の体験談

順調にお腹の赤ちゃんが成長!3Dエコーで確認

胎動も日に日にはっきりしてきて、日々赤ちゃんの成長を感じます。 3Dエコーのおかげでだいぶ赤ちゃん...

浮腫みがすごい>< 解消法は。。。??

私は妊娠6ヶ月くらいからつわりも殆どなくなり、だんだん食欲が旺盛になってきました。 病院でも体重管...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る